書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

元編集者兼ライターのピーターが気になったあれこれや、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆ヴィジュアル系らしさについて、考えてみたこと 02◆

f:id:kurauchi723:20200505015809j:plain

ヴィジュアル系バンドのCDのジャケ写かブックレットに使われていそうな風景(好き)

 

 

前回のあらすじ~

ヴィジュアル系に縁のない上司(30歳男性)から

「オススメを教えてほしい」と言われたピーターは、

ヴィジュアル系が持つ魅力や"らしさ"について考え始めた――

 

 

 

 

 

私が考えるヴィジュアル系らしさや魅力

 

 

 

 

 

①化粧も含めた見た目の派手さ

そりゃそうだ、ヴィジュアル系だもの。

ヴィジュアルをウリにしているんだから、見目麗しいに決まっている。

 

でも、ヴィジュアル系に求められているヴィジュアル(見た目)って

一般的な「かっこよさ」とは少し違う気がしていて。

 

もちろん、ヴィジュアル系バンドの皆さんはかっこいい。

かっこいいけど、例えばジャニーズとかLDHの方々のかっこよさとは別モノだし、

同じ"バンド"というくくりで言えば、

ロキノン系の人たちが持つかっこよさとも違いっています。

 

明らかにメイクをしていると分かる顔面に、派手な髪色や衣装。

彼らが纏っているのは、誰から見ても分かる「作られたかっこよさ」。

 

メイクを施していないありのままの素顔が「自然」だとすると、

作りこまれた彼らの見た目は「不自然」に移ると思います。

その不自然さに抵抗がある人も、少なくありません。

 

 

でも、もしもその「不自然さ」を受け入れられてしまったら――

 

 

「アイツのことなんか好きじゃない」と言いながら、

いつの間にか目で追うようになり、気になる存在になっていた…みたいな、

そんなドラマとか少女漫画的な展開が訪れるのではと思っています。

 

そして、一度受け入れられてしまったら、 

きっとヴィジュアル系から目が離せなくなる。はず。

すっぴんのアーティストに魅力を感じなくなるかもしれません。

(実際そういうバンギャルさん多いですしね)

 

 

しかし、今回上司には曲を聴いてもらうだけなので…

見た目のインパクトは考慮せずに選曲します。

 

 

 

②歌い方や歌声が特徴的

見た目を抜きにした場合、

ヴィジュアル系ヴィジュアル系たらしめる要因として

「歌声」や「歌い方」は大部分を占めている気がします。

 

恐らく大半のバンギャルヴィジュアル系のファン)は、

不意に知らないヴィジュアル系の曲が流れてきたとしても

ヴィジュアル系っぽい歌い方」だと感じたら、すぐに耳を傾けてしまうはず。

(そして聞き取った歌詞を検索して、バンド名や曲名を割り出す)

 

 

では、ヴィジュアル系っぽい歌い方とは?

 

 

まずは、シャウトとデスヴォイス

どちらもヴィジュアル系に限った歌い方のテクニックではありませんが、

多くに楽曲に取り入れられているため

ヴィジュアル系楽曲の特徴と言っても過言ではないと思っています。

 

しかし今回、上司から

「シャウトやデスヴォイスは怖いので避けたい」と

言われてしまっているので、これまた抜きにして考えます…

 

 

もしかすると、

シャウトやデスヴォイスのある曲を避けているから

物足りない選曲になってしまうのか…?

とも考えたのですが、YESと言い切るのは間違っていて。

 

確かにシャウトやデスヴォイスが入っていると

ヴィジュアル系らしさは出ますし、増します。

では、それらがない曲は

ヴィジュアル系っぽくないのかというと、答えは「否」!

 

 

ヴィジュアル系っぽい歌い方」には、

以下のような特徴もあるからです。 

 

 

・独特のしゃくり

文字で説明するのが難しい……ですが、

ヴィジュアル系特有のしゃくり」って確実に存在します。

言葉尻を強めにクイッと上げる感じ。

 

一般的な「しゃくり」よりも音の高低の切り替え方が強くて、

言葉を発した後に母音を強調しているような感じ…

という説明でいいのだろうか。難しい…

 

しゃくりと同様に、「独特のビブラート」も存在します。

音を上下に震わせる間隔が狭めな気がします。

 

「オペラっぽい」と言ってしまうと大げさかもしれませんが、

ファルセットとビブラートの合わせ技で

かなりオペラっぽい歌い方をするヴォーカリストもいます。

 

 

・鼻にかかったような声

これは最近(と言っても2000年以降なので、決して最近ではない)の

バンドに多い特徴だと思います。

 

一時期流行した「オサレ系」や「キラキラ系」に分類されるバンドの

ヴォーカリストは、鼻にかかった歌い方の人が多くて、

今でもそういう気怠そうな甘ったるい歌い方を耳にすると

私はヴィジュアル系っぽいなーと感じます。

 

 

 

 

 

 

歌声や歌い方の特徴書き出したら、

けっこう文字数が増えてしまったので、続きは次回に!

◆ヴィジュアル系らしさについて、考えてみたこと 01◆

お久しぶりです。ピーターです。

 

こちらは雰囲気を出すべく素材サイトで見つけてきた、

ヴィジュアル系っぽい写真」です。

 

f:id:kurauchi723:20200505014326j:plain

『Guilty ~罪深きローズ~』

 

 

 

コロナに関する会見を見ていたら、

安倍総理が「◯月◯日を"もくと"に」とおっしゃっていました。

 

 

もくとって……? " めど " では…?

 

 

そう思ってGoogle先生に聞いてみたら、こんな記事が。

 

「目途」は日常会話では「めど」と読むことが多いですが、政治家などが挨拶や演説をするときは「もくと」という読みで使うことが多いです。

 

 

単に私が無知でした。ごめんなさい安倍総理

この会見がなかったら、私は「もくと」という言葉を

一生耳にしなかったかもしれません…

 

 

 

さて、今回ブログのタイトルにした

ヴィジュアル系らしさについて考えてみた」も、

きっかけはコロナでした。

 

私が在籍している会社もテレワークを実施しており

1ヵ月ほど在宅勤務を経験したのですが、

今のところとっても快適に過ごせています。

 

事前に心配していたよりも遥かに集中できるし、

周りの目を気にせず伸びをしたり、

自由にSTLTH(電子タバコ)が吸えたりと息抜きもしやすい。

 

自分の好きな音楽をかけながら仕事ができるのも、

私的には快適さの一因になっています。

 

 

…と、テレワの振り返りとして上司に話したところ、

「どんな音楽聴くの?」と聞かれました。

 

「髭男とかKing Gnuとかアリアナ・グランデとか…」と回答したのですが、

実のところ一番聴いているのは

学生時代から大好きなヴィジュアル系バンドの楽曲でした。

 

ヴィジュアル系とは縁が無さそうな上司(30代男性)なので

じゃっかん躊躇しましたが、

「あとはヴィジュアル系も」と付け加えてみたら、意外と食いつきがよくて。

 

 

「自分も仕事中に音楽を流すから、オススメを教えてほしい」

と言われたのです。

 

 

 

こういう時、燃えませんか…!

 

 

 

自分の好きなアーティストとかジャンルに興味を持ってもらえたら、

私は「ぜひに魅力を伝えたい!!!!!」と

勢い込んでしまうタイプのオタクです。

 

だって、これがきっかけで

ヴィジュアル系にハマるかもしれないし、責任重大。

上司の期待(?)に応えるために、

まずは上司の好みを聞いてみました。

 

 

・好きなアーティストはポルノグラフィティ、髭男、レキシ、ドリカム

・聴き心地の良い歌声やメロディラインが好き

・シャウトやデスヴォイスは怖いので避けたい

 

 

2点目がやや曲者(個人の感覚に左右されすぎる)ですが、、、

私は早速、iTunesのプレイリストやLINEミュージックの再生履歴、

YouTubeの視聴履歴なんかを漁りました。

 

さらに、20代前半の頃に書いた

ヴィジュアル系の楽曲レビューを見返してみたり、

ヴィジュアル系 聴きやすい」で検索したりもしました。

 

 

そうやって、シャウトやデスヴォイスが一切ない、

比較的とっつきやすいと思われる楽曲をピックアップしてみたのですが…

 

 

 

 

 

なんか物足りない。

 

 

 

 

 

確かにヴィジュアル系バンドの曲だけをチョイスしているのに、

"これが私の大好きなヴィジュアル系です!"と言って送るには、

何かが足りない…

 

選んだ20曲あまりを通して聴いてみると、

確かに聴きやすいけれど、

聴きやすすぎて引っかかりがないというか、印象に残らない…

 

私が10数年間魅了され続けている、

ヴィジュアル系の良さ」や「らしさ」が

あまり感じられない気がしました。

 

 

 

 

 

だったら、

 

私の思う"ヴィジュアル系の魅力"ってなんだろう?

 

 

 

 

 

これが私の中で定まっていないと、そもそも選曲なんて無理な話。

それに、好きならばこそ、魅力を語れるべきですよね。

 

 

ここから長くなりそうなので、続きます!

 

◆2019年を振り返る◆

お久しぶりです、ピーターです。久しぶりにブログを見てみたら、お名前.comの広告が出ていて「はて…?」と思ったのですが、90日以上も更新していなかったのですね…

 

さて、気付けば大晦日。更新できていなかった間の出来事もご報告しつつ、仕事・趣味・ブログという3つの観点から2019年を振り返ってみようと思います。

 

 

仕事

以前の記事にも書きましたが、今年4月に転職しました。それに伴い引っ越しもしたので、今年は私にとって変化の大きい1年となりました。

 

特に転職。

 

前職での人間関係というか上司というか社長に嫌気がさした私は、タイミング良く声をかけてくれた友人の誘いにのっかり、彼女が在籍するIT企業に経理補佐として入社しました。

 

ん? 経理の経験なんてないし簿記の資格も持っていませんよ(^-^)?

 

それでも、なんとか転職したくて、補佐なら少しは役に立てるかもという気持ちで面談に行き、採用していただきました。歓迎会で食べた今半が忘れられない…

 

f:id:kurauchi723:20191231153035j:plain

 

 

 

 だ が し か し

 

 

 

7月初旬、会社の先輩の手伝いで、コーディングを少しやってみるかーということになりました。経理補佐だけでは手が空いていたので、HTML/CSSの勉強を始めたのです。

 

そして、いつの間にか自社のHPのリニューアルを手伝うどころかデザインからコーディングまで全部やっていたり、WordPressでHPを作ったりテンプレートを作ろうとしてみたり、所属が経理部から「Webサービス部」になっていたり、しかもWebサービス部の所属が私しかいなかったり……ぜんぜん経理でも補佐でもねえ。

 

おいおいブラックな会社だな雇用契約書どうなってんだよって声も聞こえてきそうですが、結果的に今、私はホームページ制作の作業や勉強を楽しくやれているので問題ナッシング。8月頃は無茶ぶりされすぎて、一人きりの会社でビービー泣いたりしていましたけどね!!!

 

経理補佐のつもりが、まさかのWebデザイナーというかコーダーというか……先日外部研修に参加した時も思ったのですが、自分の肩書きがよく分からない。社内では、未経験のくせに新規立ち上げとなった「Webサービス部」を押し付けられる背負うことになったかわいそうな新人というポジションです。

 

でも、経理補佐よりはこちらの方が性に合っているので、来年ももっともっと勉強して吸収して成長していきたいです。仕事については書きたい話がいろいろあるので、また別の機会にでも。

 

 

趣味

・ゲーム

まだまだタガタメ熱、冷めてません! 冷めてません…が! 別のゲームにもハマっています。それは…

 

WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争 | SQUARE ENIX

www.jp.square-enix.com

 

タガタメの開発をしているgumiが天下のスクエニ様とタッグを組んだゲーム…おもしろくないわけがない。クリスマスイベントのキャラクターが可愛くて、ついつい課金もしちゃいました。タガタメも魅力的なキャラが多いですが、幻影戦争も好みな女の子キャラが多くて嬉しい楽しい!

 

今の推しはナーシア。

f:id:kurauchi723:20191231143222j:plain

ピ ン ク 髪 は 正 義

 

タガタメ・幻影戦争ともに、元日から欲しいキャラが登場したり好きなキャラのイベントが始まるので楽しみです。……年明け早々課金しそう。

 

 

欅坂46

リリースこそ少なかったものの、今年はアニラ(大阪公演)のライビュに始まり、武道館でのアニラ・富士急での欅共和国・初の東京ドーム公演など、今までで一番ライブに参戦できた年でした。コラボカフェにも2回行きました!

 

 お料理が本当に可愛くて! 2回目の時に食べた黒カレーがとても美味しかった。

 

初めての選抜制となった次のシングル、来年3月頃までにリリースされるかな…? 待ち遠しいです。ちなみに、前職での一番最後のお仕事(ライティング)は、「黒い羊」リリース時のインタビューでした。

 

tsutaya.tsite.jp

 
電子タバコ

実はこのブログ、「VAPE」という検索ワードでたどり着いてくださる方が未だにいらっしゃるのです。VAPEの記事なんてもう2年も前なのに…!

 

ただ、大変申し訳ないのですが、私は1年以上前からVAPEを吸っていません。ガスバーナーのような見た目のものを買ったので、持ち運びが面倒になったというのもあるのですが、やはり手入れが面倒くさい。でも、しっかり手入れをしないと、明らかに香りや口当たりが悪くなるので、お手入れは絶対。結局面倒くささが勝ってしまい、吸わなくなりました。

 

でも、実は今年の夏頃から新しい相棒をゲットしました!! その名もSTLTH(ステルス)。こちらも同じく電子タバコです。

f:id:kurauchi723:20191231143901j:plain

淡いピンクで可愛いのです。

 

本当はJUULが欲しかったんですが、見た目が可愛くってSTLTHに一目ぼれしました! カートリッジ交換式なので、手入れの手間もありません。フレーバーはベリーの風味が強いフルーツMIXが気に入ってます。STLTHのことも、個別の紹介記事を書くつもりでいます!

 

ブログ

最後にこのブログのことを。書きたいときに書きたいことを書きたいだけ書くうちに、丸3年経ちました。

 

さて、当ブログで、一番アクセスがある記事ってなんだと思いますか?

 

私としては、大好きなゲームの魅力やおもしろさを少しでも多くの人に!という想いで立ち上げたブログだったので、タガタメやファンキルの紹介記事であってほしいところなのですが…実はこちらです。

 

peterk723.hateblo.jp

 

「キャットコール」というワードで検索すると、上位に表示されるみたいで。その上、定期的にTwitter上でツイートしてくださる方がいて、今では一番読まれている記事となりました。

 

ちなみにこの記事を書くまでは、こちらの記事が1番アクセス数が多かったです。

peterk723.hateblo.jp

 

どちらも、私の意見をハッキリと書いた記事なので、当時はドキドキしながら投稿した覚えがあります。でも、特に「キャットコール」に関しては、「やっぱりこれっておかしいと思って良かったんだ」とか「怖い思いをする女性が減りますように」という意味で記事を拡散してくださる方がとても多くて。

 

たくさんの方の目に触れると、どうしても自分の意図とは違う受け取り方をされる方が現れるものだと思っています。でも、私がTwitterなんかで反応を見た限りでは、ブログの内容を曲解したりせず、真っすぐ読み込んでいただけた方が多い印象でした。これってすごく嬉しいことです。発信して良かったなと本当に思いました。

 

転職した結果、私は編集者でもライターでもなくなったし、たまたまではありますが、今年は今までで一番投稿が少ない年となりました。でも、私はやっぱり文章を書くことが大好きです。来年も、たくさんの「書きたい」と思えるものや瞬間に出会えますように!