書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

元編集者兼ライターのピーターが気になったあれこれや、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆焦がれに焦がれ続けたTOD’Sの靴を購入したこと◆

私は今、銀座の外れにある蕎麦居酒屋で遅めの昼食をとっています。

 

目の前には十割蕎麦とセットの穴子丼。どちらも美味しい。

傍らにはレモンサワー。これまた美味しい。

 

 

 

そして、目の前には素敵な恋人……

 

f:id:kurauchi723:20200724175121j:plain

 

ではなく、紙袋。大きめの紙袋。

 

 

私は今、たった一人でアルコールを摂取しながらお蕎麦を啜っています。

でもこれは、ただのレモンサワーではありません。

祝杯です。祝杯をあげているのです。

 

 

5年ほど前からずっっっっっと憧れていたTOD’Sというブランドの靴を、

ついに購入できたことを祝しているのです。

 

 

 

 

 

時を戻そう。

 

 

 

 

 

2015年。当時の私は、ハイブランドに興味を持ち始め、

LOUIS VUITTONGUCCICHANEL、Diorなどの

いかにもなブランドモノを持つことに憧れていました。

 

でも、実際は購入どころか、

店内に足を踏み入れることすらなかなかできませんでした。

勇気もお金もなかったからです。

 

 

 

そんなある日、

私は表参道でとあるお店に出会います。

 

 

 

そこは全面ガラス張りで、

お店の中央には木材で作られた大きな階段。

高級感が漂っているのに温かさも感じられて、

なんだかとても惹かれました。

 

表参道には何度も訪れているのに、

そのお店を意識したのは初めてでした。

 

 

 

 

 

TOD’S

 

 

 

 

 

気持ちの赴くままに店内へ入った私は、

革とエナメルで作られた黒いサンダルに出会いました。

 

ゴールドの金具がアクセントになっていて、

クールで洗練されたデザイン。すごくかっこよかったです。

今思えば一目惚れでした。

 

そんな私に気付いたのか、「お試しされますか?」と声をかけられ…

恐る恐る足を通しました。

ハイブランドのお店で試着なんて初めてでした。

 

ハイヒールはあまり履き慣れていなかったのですが、

ヒール部分が太くて安定感がありました。

少し歩いてみると、とても歩きやすくて驚きました。

私の足に馴染んでいる気もして……

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

お値段が15万円くらいでした。

 

 

 

 

 

タグを見たのかスタッフさんに聞いたのかは忘れましたが、

値段を知った私は震えました。

 

靴(しかも夏にしか履かないサンダル)に、

家賃以上の金額を払うなんて……できない。

 

「運命だ!」と思える出会いをしておきながら、

私はTOD’Sのサンダルを諦めざるを得ませんでした。

 

 

 

 

 

でした…………が、

 

 

 

 

 

そこから夏が来るたびに、

「どうしてあの時買わなかったんだろう…」と、

後悔し続ける呪いにかかりました。

 

 

あの時のサンダルと似たデザインを探し、

買えもしないのにTOD’Sオンラインストアをチェックし、

型落ち品として売られているかも…なんて期待して、

TOD’Sが出店しているアウトレットに足を運んだりしました。

 

 

 

でも、結局再会は果たせませんでした。

 

 

 

 

そうやってTOD’Sへの想いをくすぶらせて早5年。

例に漏れず、TOD’Sのサンダルをチェックしていた2020年5月。

 

 

ビーサンみたいなのが多いなー

歩きやすいだろうけど、フラットはあんまり……

今年もやっぱり無いか……

 

 

 

と思っていたら、ヒールのあるサンダルを見つけました。

 

 

 

8cmヒール。かかとは太め。

黒いレザーのシンプルなデザイン。

かかと部分に光る銀のバックル。

 

 

 

 

直感で「欲しい」と思えるデザインでした。

 

 

 

すかさず値段を確認すると……10万オーバー。

ここ数年でTOD’Sの靴を散々見ていたので、

比較的手頃な価格だと思えました。

しかも、欲しいサイズの在庫がある。

 

 

 

…買ったところで履くかな?

 

 

 

少なくとも今年はほとんど履かないでしょう。

遊びに行く予定はないし、もしかしたらお盆に帰省もしないかもしれない。

かと言って、会社に履いていくデザインでもないし…

 

 

そう思うと、私はやっぱりポチれませんでした。

「買う」という選択がまたできなかった。

 

 

できなかった……の…に………

 

 

 

 

 

 

 

夏が近付けば近付くほど思い出す…!!!!!

 

 

 

 

 

あーもう! だめだ! やっぱり買わないとだめだ!!!

頭から離れない!!!!!!!!!!

 

そうやって思いが大爆発し、

再びTOD’Sのウェブストアを訪れたのが3日前。

私はまさかの文字を目にします。

 

 

 

 

 

セール

 

 

 

 

 

え、TOD’Sってセールやるんだ。びっくり。

しかも、あのサンダルもセール対象で5万円引き…!!!!!!!!

 

 

 

 

 

そんなん買うやん。今度こそ買う。絶対買う。

買うに決まってるやん。

しかも黒の36(23cm)も残ってる!!!!!!!

 

 

売り切れる前に購入確定せねば!!と思ったのですが、

よく見ると「店舗問い合わせ」となっていました。

 

その時は深夜だったので、

翌日お店がオープンしたらすぐに問い合わせようと決意。

問い合わせ先はTOD’S 銀座店になっていたので、

試着のためにお店に行くことも可能な距離です。

 

ついにTOD’Sの靴を買えるかもしれないという興奮と、

もしかしたら売り切れるかも…という焦りが入り混じり、

その日はぜんぜん寝付けませんでした。

 

 

 

 

 

果たして購入できたのか――

 

 

 

 

 

その結果は、冒頭でお見せした通り。

長年焦がれ続けたTOD’Sのサンダルとともに、

勝利の美酒という名のレモンサワーを

美味しくいただくことができました。

 

 

 

実物を見たら、やはりテンション爆上がりなのでした。

爆上がりした結果、

 

 

 

 

 

f:id:kurauchi723:20200724212006j:plain

 

 

 

 

 

白いフラットのサンダルも購入しました。