書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

元編集者兼ライターのピーターが気になったあれこれや、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆2019年を振り返る◆

お久しぶりです、ピーターです。久しぶりにブログを見てみたら、お名前.comの広告が出ていて「はて…?」と思ったのですが、90日以上も更新していなかったのですね…

 

さて、気付けば大晦日。更新できていなかった間の出来事もご報告しつつ、仕事・趣味・ブログという3つの観点から2019年を振り返ってみようと思います。

 

 

仕事

以前の記事にも書きましたが、今年4月に転職しました。それに伴い引っ越しもしたので、今年は私にとって変化の大きい1年となりました。

 

特に転職。

 

前職での人間関係というか上司というか社長に嫌気がさした私は、タイミング良く声をかけてくれた友人の誘いにのっかり、彼女が在籍するIT企業に経理補佐として入社しました。

 

ん? 経理の経験なんてないし簿記の資格も持っていませんよ(^-^)?

 

それでも、なんとか転職したくて、補佐なら少しは役に立てるかもという気持ちで面談に行き、採用していただきました。歓迎会で食べた今半が忘れられない…

 

f:id:kurauchi723:20191231153035j:plain

 

 

 

 だ が し か し

 

 

 

7月初旬、会社の先輩の手伝いで、コーディングを少しやってみるかーということになりました。経理補佐だけでは手が空いていたので、HTML/CSSの勉強を始めたのです。

 

そして、いつの間にか自社のHPのリニューアルを手伝うどころかデザインからコーディングまで全部やっていたり、WordPressでHPを作ったりテンプレートを作ろうとしてみたり、所属が経理部から「Webサービス部」になっていたり、しかもWebサービス部の所属が私しかいなかったり……ぜんぜん経理でも補佐でもねえ。

 

おいおいブラックな会社だな雇用契約書どうなってんだよって声も聞こえてきそうですが、結果的に今、私はホームページ制作の作業や勉強を楽しくやれているので問題ナッシング。8月頃は無茶ぶりされすぎて、一人きりの会社でビービー泣いたりしていましたけどね!!!

 

経理補佐のつもりが、まさかのWebデザイナーというかコーダーというか……先日外部研修に参加した時も思ったのですが、自分の肩書きがよく分からない。社内では、未経験のくせに新規立ち上げとなった「Webサービス部」を押し付けられる背負うことになったかわいそうな新人というポジションです。

 

でも、経理補佐よりはこちらの方が性に合っているので、来年ももっともっと勉強して吸収して成長していきたいです。仕事については書きたい話がいろいろあるので、また別の機会にでも。

 

 

趣味

・ゲーム

まだまだタガタメ熱、冷めてません! 冷めてません…が! 別のゲームにもハマっています。それは…

 

WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争 | SQUARE ENIX

www.jp.square-enix.com

 

タガタメの開発をしているgumiが天下のスクエニ様とタッグを組んだゲーム…おもしろくないわけがない。クリスマスイベントのキャラクターが可愛くて、ついつい課金もしちゃいました。タガタメも魅力的なキャラが多いですが、幻影戦争も好みな女の子キャラが多くて嬉しい楽しい!

 

今の推しはナーシア。

f:id:kurauchi723:20191231143222j:plain

ピ ン ク 髪 は 正 義

 

タガタメ・幻影戦争ともに、元日から欲しいキャラが登場したり好きなキャラのイベントが始まるので楽しみです。……年明け早々課金しそう。

 

 

欅坂46

リリースこそ少なかったものの、今年はアニラ(大阪公演)のライビュに始まり、武道館でのアニラ・富士急での欅共和国・初の東京ドーム公演など、今までで一番ライブに参戦できた年でした。コラボカフェにも2回行きました!

 

 お料理が本当に可愛くて! 2回目の時に食べた黒カレーがとても美味しかった。

 

初めての選抜制となった次のシングル、来年3月頃までにリリースされるかな…? 待ち遠しいです。ちなみに、前職での一番最後のお仕事(ライティング)は、「黒い羊」リリース時のインタビューでした。

 

tsutaya.tsite.jp

 
電子タバコ

実はこのブログ、「VAPE」という検索ワードでたどり着いてくださる方が未だにいらっしゃるのです。VAPEの記事なんてもう2年も前なのに…!

 

ただ、大変申し訳ないのですが、私は1年以上前からVAPEを吸っていません。ガスバーナーのような見た目のものを買ったので、持ち運びが面倒になったというのもあるのですが、やはり手入れが面倒くさい。でも、しっかり手入れをしないと、明らかに香りや口当たりが悪くなるので、お手入れは絶対。結局面倒くささが勝ってしまい、吸わなくなりました。

 

でも、実は今年の夏頃から新しい相棒をゲットしました!! その名もSTLTH(ステルス)。こちらも同じく電子タバコです。

f:id:kurauchi723:20191231143901j:plain

淡いピンクで可愛いのです。

 

本当はJUULが欲しかったんですが、見た目が可愛くってSTLTHに一目ぼれしました! カートリッジ交換式なので、手入れの手間もありません。フレーバーはベリーの風味が強いフルーツMIXが気に入ってます。STLTHのことも、個別の紹介記事を書くつもりでいます!

 

ブログ

最後にこのブログのことを。書きたいときに書きたいことを書きたいだけ書くうちに、丸3年経ちました。

 

さて、当ブログで、一番アクセスがある記事ってなんだと思いますか?

 

私としては、大好きなゲームの魅力やおもしろさを少しでも多くの人に!という想いで立ち上げたブログだったので、タガタメやファンキルの紹介記事であってほしいところなのですが…実はこちらです。

 

peterk723.hateblo.jp

 

「キャットコール」というワードで検索すると、上位に表示されるみたいで。その上、定期的にTwitter上でツイートしてくださる方がいて、今では一番読まれている記事となりました。

 

ちなみにこの記事を書くまでは、こちらの記事が1番アクセス数が多かったです。

peterk723.hateblo.jp

 

どちらも、私の意見をハッキリと書いた記事なので、当時はドキドキしながら投稿した覚えがあります。でも、特に「キャットコール」に関しては、「やっぱりこれっておかしいと思って良かったんだ」とか「怖い思いをする女性が減りますように」という意味で記事を拡散してくださる方がとても多くて。

 

たくさんの方の目に触れると、どうしても自分の意図とは違う受け取り方をされる方が現れるものだと思っています。でも、私がTwitterなんかで反応を見た限りでは、ブログの内容を曲解したりせず、真っすぐ読み込んでいただけた方が多い印象でした。これってすごく嬉しいことです。発信して良かったなと本当に思いました。

 

転職した結果、私は編集者でもライターでもなくなったし、たまたまではありますが、今年は今までで一番投稿が少ない年となりました。でも、私はやっぱり文章を書くことが大好きです。来年も、たくさんの「書きたい」と思えるものや瞬間に出会えますように!

◆握手会で推しの女性アイドルに「かわいい」と言われたこと◆

今さら言うことでもないのですが、

私は2017年の夏頃から欅ちゃん(欅坂46)のファンです。

 

CDを買ったりコンサートに行くのはもちろん、

2018年にリリースされたシングル「ガラスを割れ!」以降は

3作連続で個別握手会にも参加しています。

 

人生初の握手のお相手は、

土生(はぶ)ちゃんこと土生瑞穂さんでした。

 

彼女を知らないという方には

ぜひブログを見ていただきたい…!

本当に本当に可愛くて美人さんで魅力的な方です。

土生 瑞穂 公式ブログ | 欅坂46公式サイト

 

 

最初は、可愛らしいビジュアルやアニメ好きなところ、

冠番組『欅って、書けない?』で垣間見えた

天然(ポンコツ?)ぶりに惹かれて申し込んだのですが…

 

 

 

一度握手をしたら、

もっともっともーーーっと好きになりました。

 

 

 

会えるってすごい。

握手って尊い

笑顔がとってもまぶしいのです…(余韻)

 

 

気付けば今回(シングル「黒い羊」発売記念個別握手会)は

CD24枚分の握手券を申し込んでいました。

当選したのは半分だけですが…

 

 

坂道グループ(もしかしたら48も?)の握手会では、

握手券1枚につき約7秒握手ができると言われています。

とても貴重な時間です。

 

初めての握手会では1枚だけだったので、

土生ちゃんの手を握った後はひたすら

「可愛い;; 本当に可愛いです;; 生で見たらもっと可愛い;;」

と、独り言みたいなことしか言えませんでした…

 

それでもずっとニコニコしてくれる土生ちゃん…

可愛いし尊いしでますます好きになりました。

 

2回目の握手では、

「最近の土生ちゃんは、さらに可愛くなっててたまらん」

みたいなことを伝えました。

「髪切ったからかなー?」と答えてくれた土生ちゃん…

優しい! 可愛い! 好き!!

 

 

そして、先日参加した、私にとって3回目となる握手会で

思いがけないことが起きたのです。

 

 

 

私が握手券をゲットできたのは3日分で、

当選した12枚の内訳は

土生ちゃん6枚・長沢くん5枚・キャプテンの菅井様1枚です。

土生ちゃんとは3日間全て握手することになっていました。

 

その日は2019年初の握手会だったこともあり、

やたらめったら気合の入っていた私。

 

服を新調し、普段はあまりつけない大きなイヤリングをつけ、

買ったばかりの赤リップを塗って出陣!!

 

 

ドキドキしながら待機列に並び、

スタッフさんに握手券を2枚渡しました。

 

 

そして、いざ土生ちゃん…!!

 

 

私:土生ちゃん! 久しぶりに来ました~!!

土:わ~久しぶり~!

私:来月と再来月も握手会行きますし、武道館も行きます!

土:ほんとー! てゆーか、かわいい! オシャレさん!

 

 

 

 

 

( Д ) ゜゜ポーン

 

 

 

 

 

この言葉の破壊力、

「推し」のいる方ならきっと分かってくれるはず。

 

 

こちらから「かわいい」を伝える対象ではあっても、

こちらが「可愛い」と言われる対象にはならない。

少なくとも私はそう思ってました。

 

 

それなのに!

 

 

自分よりも若くて、

何億倍も可愛くて綺麗なアイドルさんに、

「可愛い」なんて言ってもらえる日がくるなんて…

誰が予想できただろうか…?

 

 

できるはずがない

 

 

嬉しくてアワアワしているうちにスタッフさんに剥がされ、

最後になんとか「また来ます!」と伝えたら

「うん! バイバーイ!」と手を振ってくれた土生ちゃん…しゅき…!

 

 

家族や友だち、異性から言われるのとはぜんぜん違う、

自分が推している人物から

外見を可愛いと形容してもらえる幸せ…

 

 

これからも、噛みしめたい。

 

 

次は7月中旬開催ですし

浴衣でも着てヘアセットも行こうカナ☆なんて考えています。

浴衣を買ったとしても、

握手会以外で着る予定はありませんが…^^

 

デートにウキウキする10代女子か!

って自分で突っ込みたくなりましたが、

私にとって握手会は、いわばアイドルとのデート。

気合を入れて当然なのです。

 

 

 

推しの目に映る私が、

これからも、少しでも可愛くありますように…

土生ちゃんの目を汚さないように、がんばります。

◆タガタメ07/劇場版の感想◆

※ネタバレはほとんどありません!※

 

 

このブログやTwitterでよく書いていますが、

私は“タガタメ”こと『誰ガ為のアルケミスト』という

スマートフォン向けタクティクスRPGが大好きです!!

f:id:kurauchi723:20190617220945j:plain

 

気付けば、プレイし始めて2年弱。

現在のプレイヤーレベルは228で、

11,800円/月を限度にちょこちょこ課金もしています…(^-^)

 

 

そんなタガタメの劇場版アニメが

6月14日(金)より公開となりました!!

tagatame-movie.jp

 

なぜ劇場版??!

なんて想いもありながら、しっかり観に行ってきました!

 


劇場版のストーリーは、

オリジナルキャラクターである「カスミ」を中心とした物語なので

ゲームの本筋とはあまり関係がありません。

 

…と思ったら、

「“タガタメ”のメインストーリー終了後」という位置づけのようです。

メインストーリーまだ完結してないのに????

 

…と思いましたが、

それについてもこちらの記事で触れられています。

www.4gamer.net

 

 

劇場版では、「闇の魔人」という強敵が現れ、

主人公たちは「幻影兵(ファントム)」を召喚して

戦いますが、歯が立たず…


切り札として「バベル大陸」に召還されたのが、

現代の日本で生きる平凡な女子高生・カスミでした。

 

カスミを召喚したのは3章の主人公・リズベットで、

リズベットと行動を共にしている

2章の主人公・エドガーも本作の中心人物と言えます。

 

ゲームでは、1章の主人公であるロギ(とディオス)が中心なんですが、

未プレイで映画だけ観ると

リズとエドガーがメインキャラクターにしか見えません(^-^)

 

ちなみに、ロギは冒頭に登場した後は

しばらく出てきません。

そして、ディオスは物語の終盤まで登場しません…!

 

4章の主人公・ティナは中盤からガッツリ登場し、

5章の主人公・カムイは終盤で少しだけ登場します。

 

ただ、まだゲームでストーリーが公開されていない

(「幕間」には登場しますが)、

6章の主人公・アマネが登場したのは

嬉しいサプライズでした!

 

 

劇場版での主人公たちの登場比率▼
エドガー=リズベット>>>ティナ>ロギ>>ディオス>カムイ=アマネ

 


ゲームでは「ファントム」の存在が重要になるのですが、

劇場版にももちろん登場します!

 

登場するのは、

・ザイン

・セツナ

・メラ

・ニクス

・オーティマ

・クロエ

 

「メラ」「ニクス」は最近実装されましたが、

その他は根強い人気を誇るキャラクターばかり!

「ダークファントム」の姿が見れるのも嬉しいところ。

 

セツナと言えばロギの師匠。

セツナとロギ、そしてディオスの師弟関係がうかがえるようなシーンや

主人公たちが勢ぞろいする終盤のシーンは胸アツでした!!

 

タガタメにとって欠かせない存在である

ウロボロスも劇場版に登場します!

 


映画を観ていて印象的だったのは、

「人間」である主人公たちと

「死者の魂」であるファントムたちの関係性。

 

ファントムから見た人間はこんな風に映っているのか…と、

感心したり胸が痛くなったり。

人間とファントムの関係性について、

最後に出される結論…というとやや大げさですが、

最終的にたどり着く関係性には納得できました。

 

 

フラグ回収が苦手な私が観た限りでは、

物語に大きな矛盾があったり

放置されたまま終わる疑問もないので、

1本の劇場版アニメとして考えると

ストーリーはきちんとまとまっていたように感じました。

 

 

「闇の魔人」はなぜ現れたのか?

カスミの存在がどのように作用し

主人公たちはどんな結末を迎えるのか——

ぜひ映画館で見届けてください!

 

 

 

 

 

さてと(^-^)

 

 

 

 

 

ここまで一言も触れなかったのですが、

劇場版に対し、1点だけ解せないことがあるのです。

 

 

 

 

 

映画の公式HPを見ていただければ

お分かりかもしれませんが………

 

 

 

 

 

f:id:kurauchi723:20190617222741p:plain

 

 

作 画 が 残 念 す ぎ ま せ ん か

 

 

公式HPで観ると、特にオーティマが…;;

映画を観ながら顔や身体のバランスが変だなー…って

感じることも多々ありました。

 

ただ「作画崩壊」というレベルではなく、

これで良しとする方もいれば、

私のように違和感を覚える人もいるような

なんともまあ微妙なラインだと思います。

 

 

ただ、誰一人として

見た目が可愛いともかっこいいとも思えませんでした。

 

私は、イラストも大好きだから

タガタメにハマっているというか

キャラを集めたい!って気持ちが芽生えているのに…

 

 

女性キャラクターだと、

特にクロエやウロボロスが可愛くありません。

クロエの服装がお粗末に描かれすぎていてびっくり…

頭の飾りが「なんだこれ…」って感じでした。

 

男性キャラクターも

エドガー以外はぜんぜんかっこよく見えませんでした。

 

 

原作と同じ画にならないのは当然分かっていました。

ゲームに登場する立ち絵は静止画で、アニメは動画です。

 

でも…

 

▼ゲームの立ち絵(オーティマ)

f:id:kurauchi723:20190617224225j:plain

 

▼劇場版のキャラクター紹介

f:id:kurauchi723:20190617223947p:plain

 

 

悲しくなってきた…

 

 

作画に気を取られてしまって、

ストーリーがところどころ頭に入らず…

 

魔人のグラフィックはかっこよかったですが、

アニメ的なタッチで描かれた他の絵と全くなじんでおらず…

「何年前のアニメだ?」って思ったり。。

 

 

ストーリーには筋が通っているので、

予め世界観やキャラクターの背景を知っているゲームユーザーには

楽しめる作品だと思いますが、

ゲーム未プレイの人にとってはどうなんだろ…

 

今年はアニメ映画をたくさん観たていたり

最近はジョジョのアニメを観まくっているので、

目が肥えてしまったのかな…

 

アップで顔が映った時のリズベットエドガーは

可愛い&かっこいいと感じたんですが、、、
他が本当に…もう……(何回目)

 

 

 

 

 


映画の作画はさておき、

劇場でもらえる特典のミニフィギュアは完成度が高く、

思いがけず集めたくなる可愛さでした。

 

 来週は、私の大好きなジンのミニフィギュアも配布されるようなので、

それ目当てでもう一度観に行こうかな…なんて想いもあります。


そして、特典のキャラスキン(特にエドガー!)も

見逃せないかっこよさです。

 

※上記ツイートのクロエのスキンは、来場者特典ではなく

 昨年発売した画集の購入者特典です

 

 

ミニフィギュアとこのスキンだけでも、

映画館に足を運ぶ価値は大いにあると思います!!

 

そして、映画を観終わってから

久しぶりにずーーーーっとタガタメばっかりプレイしています。

ここ最近は『ジョジョピタ』に浮気してたもので…(^-^)

 

映画を観たことで、

「ああ、私やっぱりタガタメ好きだな」って気持ちを

再認識することができました。

だからこそ、作画のことも悔しいんだろうな…!

 

『タガタメ』をプレイしている方ならぜひ、

劇場版観に行っていただきたいです!