書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

元編集者兼ライターのピーターが気になったあれこれや、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆握手会で推しに「かわいい」と言われたこと◆

今さら言うことでもないのですが、

私は2017年の夏頃から欅ちゃん(欅坂46)のファンです。

 

CDを買ったりコンサートに行くのはもちろん、

2018年にリリースされたシングル「ガラスを割れ!」以降は

3作連続で個別握手会にも参加しています。

 

人生初の握手のお相手は、

土生(はぶ)ちゃんこと土生瑞穂さんでした。

 

彼女を知らないという方には

ぜひブログを見ていただきたい…!

本当に本当に可愛くて美人さんで魅力的な方です。

土生 瑞穂 公式ブログ | 欅坂46公式サイト

 

 

最初は、可愛らしいビジュアルやアニメ好きなところ、

冠番組『欅って、書けない?』で垣間見えた

天然(ポンコツ?)ぶりに惹かれて申し込んだのですが…

 

 

 

一度握手をしたら、

もっともっともーーーっと好きになりました。

 

 

 

会えるってすごい。

握手って尊い

笑顔がとってもまぶしいのです…(余韻)

 

 

気付けば今回(シングル「黒い羊」発売記念個別握手会)は

CD24枚分の握手券を申し込んでいました。

当選したのは半分だけですが…

 

 

坂道グループ(もしかしたら48も?)の握手会では、

握手券1枚につき約7秒握手ができると言われています。

とても貴重な時間です。

 

初めての握手会では1枚だけだったので、

土生ちゃんの手を握った後はひたすら

「可愛い;; 本当に可愛いです;; 生で見たらもっと可愛い;;」

と、独り言みたいなことしか言えませんでした…

 

それでもずっとニコニコしてくれる土生ちゃん…

可愛いし尊いしでますます好きになりました。

 

2回目の握手では、

「最近の土生ちゃんは、さらに可愛くなっててたまらん」

みたいなことを伝えました。

「髪切ったからかなー?」と答えてくれた土生ちゃん…

優しい! 可愛い! 好き!!

 

 

そして、先日参加した、私にとって3回目となる握手会で

思いがけないことが起きたのです。

 

 

 

私が握手券をゲットできたのは3日分で、

当選した12枚の内訳は

土生ちゃん6枚・長沢くん5枚・キャプテンの菅井様1枚です。

土生ちゃんとは3日間全て握手することになっていました。

 

その日は2019年初の握手会だったこともあり、

やたらめったら気合の入っていた私。

 

服を新調し、普段はあまりつけない大きなイヤリングをつけ、

買ったばかりの赤リップを塗って出陣!!

 

 

ドキドキしながら待機列に並び、

スタッフさんに握手券を2枚渡しました。

 

 

そして、いざ土生ちゃん…!!

 

 

私:土生ちゃん! 久しぶりに来ました~!!

土:わ~久しぶり~!

私:来月と再来月も握手会行きますし、武道館も行きます!

土:ほんとー! てゆーか、かわいい! オシャレさん!

 

 

 

 

 

( Д ) ゜゜ポーン

 

 

 

 

 

この言葉の破壊力、

「推し」のいる方ならきっと分かってくれるはず。

 

 

こちらから「かわいい」を伝える対象ではあっても、

こちらが「可愛い」と言われる対象にはならない。

少なくとも私はそう思ってました。

 

 

それなのに!

 

 

自分よりも若くて、

何億倍も可愛くて綺麗なアイドルさんに、

「可愛い」なんて言ってもらえる日がくるなんて…

誰が予想できただろうか…?

 

 

できるはずがない

 

 

嬉しくてアワアワしているうちにスタッフさんに剥がされ、

最後になんとか「また来ます!」と伝えたら

「うん! バイバーイ!」と手を振ってくれた土生ちゃん…しゅき…!

 

 

家族や友だち、異性から言われるのとはぜんぜん違う、

自分が推している人物から

外見を可愛いと形容してもらえる幸せ…

 

 

これからも、噛みしめたい。

 

 

次は7月中旬開催ですし

浴衣でも着てヘアセットも行こうカナ☆なんて考えています。

浴衣を買ったとしても、

握手会以外で着る予定はありませんが…^^

 

デートにウキウキする10代女子か!

って自分で突っ込みたくなりましたが、

私にとって握手会は、いわばアイドルとのデート。

気合を入れて当然なのです。

 

 

 

推しの目に映る私が、

これからも、少しでも可愛くありますように…

土生ちゃんの目を汚さないように、がんばります。