書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

編集者兼ライターのピーターが気になったあれやこれ、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆May’nさんの野音ライヴに行ったこと◆

昨日、久方ぶりに“野音”こと日比谷野外音楽堂に行ってきました。

 

梅雨という季節、前週に言われていた雨予報、

そして、前日の台風予報などにみごと打ち勝ち、

雨は一滴も降りませんでした。

 

それどころか、夕方頃の空は青く、

曇り空でもない立派な「晴れ」でした!!

f:id:kurauchi723:20180618191425j:plain

 

 

そんな、奇跡的な晴れの日に行われたのは、

歌手活動10年以上を誇るアーティスト・May’nさんによる初めての野外ライヴ。

May’n Hall Tour 2018「and You」~BE SUNNY!!!~ at 日比谷野外大音楽堂でした。

 

 

過去にはアニサマANIMAX MUSIXなどで、

彼女の生のパフォーマンスに触れたことはありましたが、

ワンマンライヴを観たのは、今回が初めてでした。

 

私にとって、初めてのMay’nさんのワンマンライヴ。

そして、May’nさんにとって初めての野外ライヴ。

そしてそして、見事な晴れ!

ドキドキワクワクせずには、いられませんでした。

 

 

開演予定時間を少し過ぎた頃、

バックバンドのメンバーがステージに現れ、演奏を開始。

程なくして現れたMay’nさんに、

会場の熱もグググっとあがり、歓声も手拍子も強くなりました。

 

そして放たれた、歌声。

サビ始まりの力強いロックチューン「Belief」は、

ライヴの幕開けにふさわしすぎて。

May’nさんの圧倒的な歌声(美しいのにほんとパワフル!)が、

あまりにもかっこよくて、一気に鳥肌が立ちました。

 

伸びやかな歌声は天井を突き抜ける…ではなく、

天井なんてものがなない野音のステージでも

本当にのびのびと響き渡っていて。

スピード感あふれるサビで、客席のテンションもMAXに!

 

 

続く「Banggin' Your Head」も

バンドサウンドを前面に押し出したロックチューンで

ますます会場はヒートアップ。

 

私的には、「ライオン - May’n Ver.-」

「インフィニティ」「ダイアモンド クレバス

「射手座☆午後九時Don't be late」という

マクロスF』の楽曲を、こんなにもたくさん聴けたのは感動的でした。

 

特に「ダイアモンド クレバス」は、

ライヴ中盤でしっとりと披露されたんですが、

夕暮れ時の涼しい風の中、

ライティングも綺麗で、もちろん歌声も素晴らしくて、

May’nさんの歌声と歌詞の意味を噛み締めていたら

なんだかウルウルきちゃいました。

 

 

「ギラギラサマー(^ω^)ノ」では、夏を先取りした楽しい演出があり、

May’nさん自身が作詞した、コミカルな歌詞が印象的な

「バースデイ!~PEACE of SMILE」もすごく可愛くて楽しくて、

大好きな「Brain Diver」は本当にかっこよくてテンションがあがり、

スタジアムロックと呼ぶにふさわしい「AMICITIA」は

野音という会場にぴったりで、

May’nさん自身のパワフルさも発揮されていて。

 

 

一夜明けた今でも、

こんなにも歌声やその時に感じた感情が

鮮明に残っているライヴって、とても久しぶりでした。

 

 

それくらい、たくさんの感情と感動をいただいて、

一体感に満ち満ちあふれていた野音という空間の心地よさや

May’nさんの声、言葉、笑顔が放っていたパワーが

鮮烈だったんだと思います。

思い出すと、今でも心がポカポカしてくる…!

 

 

本編ラストの「You」、とても感動的でした。

後半になるにつれて、May’nさんの声も、

どんどん伸びやか&パワフルになっているように感じました。

きっとMay’nさん自身も、

すごくすごくあの空間を楽しんでいたのだと思います。

 

アンコールの「WE ARE」ではアコギを弾きながら客席を移動し、

満面の笑顔でオーディエンスにも歌うようにうながし、

私も思わず大声でサビを歌っていました。

 

May’nさんからファンへ、感謝の言葉を述べるシーンが何度かあって、

その姿にも心を打たれました。

ライヴを本当に楽しんでいて、

その場を一緒に作っているファンという存在を

とっても大切に想っているのだと、すごく伝わってきました。

 

 

一番最後に披露された「Shine A Light」は、

音源を聴いていた時は“始まりの曲っぽいな”と感じていたし、

クールでスタイリッシュなイメージだったのですが、

野音ライヴの終幕だけでなく

“さらなる未来”を予感させる、素晴らしい楽曲でした。

 

May’nさんの歌声は、聴く人の心を明るく照らす力がある。

本当にそう感じることができ、

私自身もポジティブなパワーをたくさん吸収できた

素晴らしい公演でした。

 

 

帰る頃は少し肌寒くも感じましたが、

本当に最後の最後まで晴れっぱなし!

見事な“BE SUNNY!!!”でした!!!

f:id:kurauchi723:20180618192032j:plain

 

 

8/8リリースの新曲や、

ヒロイン役で出演されるミュージカルも

とってもとっても楽しみです(*^^*)

f:id:kurauchi723:20180618192112j:plain f:id:kurauchi723:20180618192153j:plain