書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

編集者兼ライターのピーターが気になったあれやこれ、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆スポーツジムのこと 01◆

実は最近、始めたことがあるんです。

意外だって思われそうなんですけど……

 

 

なんて書き出そうと思っていたんですが、

記事タイトルで思いっきりネタバレしてます…ね!

 

 

GWの最終日にあたる5月6日(日)から、

人生初!スポーツジムに通っています。

 

 Twitterにあげたこの画像は、ジム用にと思って購入したスニーカー。

f:id:kurauchi723:20180515015002j:plain

 

なぜジムかと言うと、

それはもう完全にダイエット目的!!!!!

 

何年も前から心のどこかで

「痩せなきゃ…」「運動しなきゃ…」

「ジムに行けば変わるかな…?」という思いを秘めていたんですが、

ついについに重い腰を上げることができました。

 

 

実は2~3年ほど前にも一度、

別のスポーツジムの体験に行ったのですが、

そこで散々な目に遭いました。

散々な目というか、利用者さんたちからの「洗礼」を受けたのです。

 

 

「見学だけじゃ意味ないよな〜」と思った当時の私は、

「ビジター(会員登録ナシでの利用)」として

そのスポーツジムに足を踏み入れました。

 

当然受付では初めて来館した旨を伝えていたんですが、

ざっくりとした館内の説明以外は

何かを聞かれたり教えてもらうことなどなく、

野放しにされていました。

 

きっと、ジムというもの自体に慣れている人であれば

フリーダムで楽チンだったと思います。

 が、当然ながら私は違いました。

 

何しろまともに運動したのは高校の授業ぶり!

学生の頃からすでに運動が苦手&嫌いだったので、

いかに体育の授業をサボるかということばかり

考えているようなタイプでした。

 

 

そんな私なので、運動は久しぶりだしジムを利用するのは初めて。

マシーンの使い方が分からない…以前に、

更衣室からプールやマシントレーニングができる部屋、

シャワールームなどへの行き方がわからず、

かなり挙動不審になりながら更衣室にたどりつきました。

 

 

 

そこで唐突に、

 

 

 

「やだ! 汚い!!! 」

「あなた何してるの!!!!!?」

「出て行って!」

「入り口からやり直して!!!!!」

 

 

 

という言葉を、

他の利用者様方から頂戴することになりました。

 

 

最初は私のことを言ってているのだと分からず。

騒がしい人がいるな~と思いつつ

着替えを始めようとしていたんですが…

刺すような視線を感じて「あ、私だ」と気付きました。

知らぬ間に、オバちゃんたちの逆鱗に

触れてしまっていたみたいなんです。

 

 

あまりの剣幕に着替えの手を止めて、

とりあえず受付の方まで引き返そうとしたところ、

その途中で「スリッパを履き替える場所」があることに気付きました。

 

 

入館した時に専用のスリッパに履き替えてはいたんですが、

どうやら更衣室からは、さらに別のスリッパへ

履き替えることになっていたみたいで…

それを知らなかった(聞いていなかった)私は

壁の張り紙にも全く気付いていませんでした。

 

 

それにしても、

「汚い」とか「ありえない」なんて言い方

しなくてもいいじゃんよ〜〜〜〜

おばちゃま軍団 VS. 初心者の私。分が悪すぎる。

 

 

でもでも、ルールを破っていたのは私。

知らなかったとは言え、利用者さんからしたら気分悪いよな…

なんて思いとともにスリッパを履き替え、再び更衣室へ。

 

こんなことで心を折っている場合じゃない。

私は運動しにきたんや…!!

と、気合を入れ直したところで、

今度は別の集団の会話が耳に入りました。

 

 

「あそこ……」

「私たちが使うロッカーなのに…」

「知らない人が居るから使えないわね」

「困るわね…」

 

 

えー? 私? もしかして私なの?

そうなの? 更衣室こんなに広いのに??

利用者そんなにいるわけじゃないのに? ここがいいの?

ここじゃなきゃダメなの???

 

 

知らなかったよ…

なんてったって初めてだし……

 

 

ということで、そっとロッカーを移動して

やっと着替え終わり、いざお目当てのプールへ。

 

 

プールでは他の利用者さんとも少しだけお話ができて、

「そんなに雰囲気悪くないじゃん。よかったー」

なんて、イメージが回復しかかっていたのですが…

 

 

プールから上がった後、最後の事件が起きました。

プールと更衣室とはフロアが違ったのですが、

ずぶ濡れのまま更衣室まで行っていいのか、私は躊躇しました。

 

そこで、近くにいたスタッフに聞いてみたところ

「そのまま行っていただいて大丈夫ですよ!」とのこと。

 

その言葉に安心して、

(でも、ずぶ濡れでエレベーターに乗るのは気が引けたけど…)

更衣室まで移動し、バスタオルなどがしまってある

自分のロッカーまで歩いていこうとしたら…

 

 

 

「何やってるんですか!!!!!?」

 

 

 

と、またもやヒステリックな声で呼び止められました。

振り返ってみると、

そこにはお掃除担当と思われるスタッフが。

 

「バスタオルを取りに…」

 

という私の言葉は意味をなさず…

 

 

「そんなずぶ濡れのままで歩かれたら迷惑です!

 掃除している意味がないじゃない!

 水着を脱いでロッカーまで行ってください!

 ほかの方はみんなそうしていますよ!!!!」

 

 

ふえー???

私手ぶらなんですけど、水着脱いだたら全裸ですけど、

当然隠すもの(タオルとか)も持ってないんですけど、

ロッカーまで微妙に距離(20歩くらい)ありますけど、

それでも脱ぐの? うそでしょ? 冗談でしょ???

 

と思いましたが、その時更衣室にいた人のなかには

水着の方はおらず…

 お掃除の方も動こうとせず…視線が怖くて……

なんだろうこの羞恥プレイ…なんて思いながら、

全裸で更衣室を横断しました。

 

 

実はエレベーターホールの脇にシャワールームがあって、

その手前にシャワー利用者向けの小さな棚がありました。

 

プールに行く人はタオルなんかをそこに置いて、

プールで泳いだ後はシャワールームで水着を脱ぎ、

タオルを巻いて更衣室を闊歩しているようでした。

(帰る頃に知りました)

 

 

 

分かるわけがない!!!!!!!

 

 

 

そうやって心のなかでたくさんのツッコミを入れながら、

私のジム初体験は終了しました。

 

当然のごとくに入会しませんでしたよ!!!!

こちらからお断りです!!!!!!

 

と言いたいところなんですが、

ジム側から勧誘されることもなかった

(どうでしたか~?とか、入会いかがですか~?すら聞かれたなかった)ので、

なんだかいろいろ寂しい気分になりながら、おとなしく帰宅しました。

 

 

そんな苦い記憶を持ちながらのジム入会、2018年春。

今回行ってみたジムの感想や手応えについては

次の記事にでも~