書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

編集者兼ライターのピーターが気になったあれやこれ、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆諸橋近代美術館に行ったこと◆

ゴールデンウィークがあっという間に終わってしまった…

 

なんて言いつつ、

天気が荒れまくった上に気温も低かった5月3日(木)に

福島県にある諸橋近代美術館へ行ってまいりました!

 

 

Twitterにはこんな画像をアップしていましたが、

f:id:kurauchi723:20180507205727j:plain

 

実際はこれくらいどんよりしていました… 

f:id:kurauchi723:20180507205914j:plain

暗!!!!

山の上にあるおかげで、入り口の隅には少しだけ雪も……

 

 

さて、そんな諸橋近代美術館になぜ足を運んだかと言うと、

ご存知の方も多いかもしれませんが

同美術館は「アジアで唯一のサルバドール・ダリ作品の常設美術館」なのです。

 

2016年に東京・国立新美術館でダリの絵を見てから

ずっとずっと諸橋近代美術館にも行ってみたかったのですが…

ついにその夢が叶いました!!

 

 

まず、建物も敷地内の池とか自然も何もかも美しい…!

私の写真では完全なる曇り空なので、

ぜひ公式HPで美しい外観などを見てみていただきたいです。

dali.jp

 

入館料は大人950円。

私的には、こんなにダリを堪能できてこの値段…!と感じました。

ちなみに、音声ガイドは無料で貸し出されています。

 

 

ダリの作品は常時40点ほど展示されており、

時期によって入れ替えが行われているようです。

訪れるタイミングによって鑑賞できる作品が異なるので、

何度でも足を運びましょうということですね!!

 

 

そもそもこの美術館は、

美術館の名前にも入っている「諸橋さん」の

コレクションを基にした美術館とのこと。

 

創立者の諸橋廷蔵さんはダリの絵に魅了され、

自らダリの作品(絵画、彫刻、版画作)を約330点蒐集されたそう。

それらが順繰りに美術館で公開されているという仕組みなのです。

 

 

今回見に行って感動した作品の一つが「テトゥアンの大会戦」。

ダリ展でも展示されていた油彩画ですが、

サイズが大きい(約3m×4m)上に描かれているもの自体にも迫力があって

ほんと惚れ惚れしちゃいました。

その絵の手前には丁寧な解説もあって、

読み込んでから見てみると、また一段と魅力的に…

 

↓「テトゥアンの大会戦」見てみてください!

コレクション|諸橋近代美術館

 

 

それともう一つ、諸橋近代美術館は

ダリの絵画だけでなく彫刻(ブロンズ像など)も多数所有されていて、

「記憶の固執」などに登場する「溶けた時計」の像も

間近で見ることができました。しかも大きい!

 

とってもシュールで見応えもあるので、

ぜひ本物を見に行っていただきたい!!

 

 

ちなみに現在は、

「夢幻×無限 〜エッシャー、ダリ、福田繁雄〜」と

「コレクション展」も開催されていました。

www.youtube.com

 

エッシャーのだまし絵もおもしろかったし、

「コレクション展」にあったマリー・ローランサンの絵が

儚くて淡くて優しげな美少女ばかりでメロメロでした…

 

 

それと、入り口付近の撮影可能スペースでは、

こんな写真が撮れました!

f:id:kurauchi723:20180507213320j:plain

f:id:kurauchi723:20180507213435j:plain

生で見ても、どういう仕組みなのかぜんぜんわかりませんでした(笑)。

 

 

あー! また行きたい!!!!

こうやってブログを書いていたら、

先日のワクワクドキドキがよみがえってきました…

 

ダリの絵はヘンテコなものが多いし、

「どうしてそういう発想になったの!?」って驚かされるものばかりですが、

それ故に(?)すごくすごーく引き込まれます。

 

前のブログでも書きましたが、

私は特段絵画に詳しいわけでもないのに…

「なんかいいな、素敵だな」と感じるものが多々あります。

 

 

最後に、入り口にいらっしゃる諸橋廷蔵さんと…

f:id:kurauchi723:20180508103858j:plain