書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

編集者兼ライターのピーターが気になったあれやこれ、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆読書のこと 04◆

このブログやTwitterなんかで度々書いていますが、
私はいま、女性アイドルが大好きです!!!!!

 

その気持ちの強さと、朝井リョウさんが書く「アイドル」って
どんな感じだろ…という好奇心から、『武道館』を手に取りました。

books.bunshun.jp

 

購入してから1週間。あっという間に読んでしまいました! 

f:id:kurauchi723:20180426103152j:plain

 

この本の発売は2018年3月。
出たばっかりなんだなーと思っていたんですが、
それは文庫の話であって、単行本は2015年4月の発売でした。

 

今から3年以上前に紡がれた物語ということになりますが、
「古い」とか「昔の話」なんて感じはしません。
むしろ、
(編集者として多少でもエンタメ業界に触れている身でありながら)
ぜんぜん新鮮に思えました!

 

それはつまり、アイドル業界の在り方だったり、業界を取り巻く環境が、
数年前からほとんど変わっていないということなのかもしれませんが…

 


さて、ここからは内容についてのお話です。
多少のネタバレも含みますので、
未読の方やネタバレが苦手な方はご注意くださいませ!

 


------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 


本作は、NEXT YOUという架空のアイドルグループのメンバーである、
女子高校生の愛子を中心に展開される物語。


彼女の幼少期の思い出から始まり、
NEXT YOUが掲げる「武道館でライブを!」という夢に向かって
ひた走る物語…なんですが、
あるタイミングから、その様相はガラッと変わります。

 

もちろん、NEXT YOUのメンバーたちが武道館に立つまでの紆余曲折を、
様々なエピソードを交えがら描いているパートが大半を占めています。

 

NEXT YOUのメンバーは全員個性的で、
読み進めるうちに、どんどん彼女たちらしさが見えてきます。
しかし、その中において、主人公である愛子の人物像だけは
なんだかずっとぼんやりしているように感じていました。

 

「昔から歌や踊ることが好き」という特徴はあるものの、
外見の詳細なんかはよく分からず。
例えば、他のメンバーの体型が悪い意味で注目を集めてしまった時、
「そういえば、愛子の体型って細いのかな…?」となったし、
演技や作詞を始めたメンバーがいるという描写があっても、
「愛子にもそういう特技とか、やってみたいことってあるのかな」
なんて疑問が浮かぶくらい、彼女のイメージが湧きませんでした。

 

ライヴのシーンやメンバー同士の会話シーンは
その映像が頭に浮かんでくるようなのに、
愛子だけはリアルにイメージできなかったというか。

 


そんな愛子の「個性」というか「想い」が表出したあたりから、
どんどん物語に面白みが増して、引き込まれて、
勢いが生まれっていったように感じました。

 

そして、愛子の「想い」や「個性」が表出したあたりから、
この物語は、武道館を目指すアイドルたちの話から
「アイドルとして活動するふつーの女の子」の話に様変わりする…
と、ちょっと大げさかもしれませんが、私は思ったのです。
キーになるのは、彼女の母親と幼馴染である大地です。

 

母親と幼馴染とのエピソードから、
愛子がぼんやりとした存在から実体のある存在になって、
物語のなかや、物語を受け取った私のなかで、とてもイキイキしてきます。

 

もしかしてアイドルって、人間らしい感情を捨てて、
ひたすら綺麗に、なんの引っ掛かりも持たせない存在なのかもしれない…
と言ったら大げさなんですが、
「NEXT YOUとしての愛子」には、
ほんと人間味を感じなかったというか、実体がつかめなかったのに、
愛子の人間らしさが出てくると、彼女がぐっと身近に、魅力的になりました。

 


本作には、愛子や母親、大地以外にも様々な人物が登場します。

 

まずはNEXT YOUのメンバー。
元気っ子、優等生、お姉さん、妹キャラ、女優志向、ぽっちゃり…などなど
様々なタイプのアイドルが集まっています。
それ故に、巻き起こる事件も幅広いです。

 

また、愛子目線の物語の合間に、様々な関係者目線の話が挟み込まれています。
ライヴ会場のスタッフや振り付けの先生など、少しずつではありますが、
いろんな人の目線でNEXT YOUというアイドルグループが語られています。

 

改めて、アイドルという存在が、
様々な人との関わりの中で成り立っている存在なのだと感じました。

 

その他にも、NEXT YOUを支えるファンや、
心無い言葉を浴びせてくるファンではない人たち、
愛子の理解者である父親や、同級生。
いろんな人たちが出てきて、この物語を形作っています。

 

 

物語の後半、とあるスキャンダルが発覚します。
少し前の記事でも書きましたが、
解散やメンバーの脱退など含め、スキャダルと呼ばれるようなニュースは
そのアーティストのファンでなくても耳に入ってくるし、
それを知って何も感じないこともあれば、
「うわー最悪。アイドルとしてどうなの…」なんて、
よく知りもしないで(無責任に)考えてしまうこともあると思います。

 

しかし、『武道館』を読んだら、アイドルであり続けることって、
そんなに清廉潔白で在り続けないといけないのか…?と感じたし、
ぽっちゃり体型を中傷されたメンバーのエピソードを読んだ時は、
思春期なんだし、いくら気を付けようとしても
できないことだってあるだろうに…なんて気持ちになりました。


フィクションの世界だけでなく、
それってきっとリアルでも言えることのはずなのに、
なぜだかリアルになると思いやれなかったりするもの。
それは、当事者であるアイドル側の気持ちが、
アイドルでない私たちに「想像できない」からかもしれません。

 

作者の朝井リョウさんだって、アイドルではありません。
だから、ともするとこれは
「アイドルじゃない人間が書いた、妄想の産物」なのかもしれない。
本当のことは、アイドルたち本人しか知りようがないのかもしれない。

 

 

それでもこの物語を読めば、
アイドルを取り巻く環境が少しだけイメージできたり、
彼女たちが背負う期待やプレッシャーの一端を、理解できる気がしました。

 

そして、すごくすごく当たり前のことなんですが、
「アイドルだって普通の女の子」
だということも思い出されました。

 

普通の女の子でもある愛子と
NEXT YOUが選び取った未来を、どうか見届けてください。