書きたいときに書きたいことを書きたいだけ。

元編集者兼ライターのピーターが気になったあれこれや、日々感じたことについて。主に音楽・ゲーム・漫画・映画・アニメなどなど。Twitter@PeterK723

◆天職から転職すること◆

編集者兼ライターのピーターです!

 

約6年間勤めた編集プロダクションを今月いっぱいで退社し、

来月からはIT系企業という名の

未知の領域へ挑むことになりました。ガクブル

 

転職を決意した理由はいろいろあって

文章化するのがなかなか難しいのですが、

大きかったのは会社と私自身との方向性の違いかもしれません。

 

社内の会議で決まったことや

会社からの要求に疑問を抱くことが増え、

酷い時には「社内の誰とも話したくない」とか

「会社のプラスになるんだったら仕事をがんばりたくない」

なんて考えがまとわりついていた時期もありました。

 

今までは「仕事が好き」という気持ちで

だいたい何でも乗りきれていました。

 

例え残業や休日出勤が多くても、それに伴うお賃金が一切もらえなくても、

代休がとれなくても、有給なんてワードを口に出すことすらできなくても、

部署間での仕事量にめちゃくちゃ差があっても、

仕事をやったらやっただけ「これもできるよな」と

新しい仕事が降り注いできても、

意見がほしいと言われて発言した結果嘲笑されたり、

「やれと言っているんだから、お前がどう思うと関係ない」と言われても、

私は好きな仕事をやっているんだから…と

我慢することができていました。

 

 

しかし、次第に「好きな気持ちにつけこまれている」と感じることが増え

手遅れになる前に会社を辞めないと

編集の仕事自体に拒否反応が出てしまう…と感じていたところ

友人から「だったらうちにおいで!」と声をかけてもらいました。

 

ゲッカヨインターンへ行ったのが2009年春。

その頃から数えると、

約10年間エンタメ界隈で編集をやっていたことになります。

 

私はずっと、自分は編集者になるために生まれてきたと思っていました。

1000の苦しみに対して1の楽しさしかないとしても、

不満を感じたことはほとんどありませんでした。

足りない分は「やりがい」でカバーされていました。

 

編集者こそ我が天職!

 

編集の仕事に就かないのであれば

東京に居る意味などないと思っていました。

 

だからこそ、退職のご挨拶メールを関係各位に送った際、

「ピーターは編集者向きだと思うから続けてほいい」

とおっしゃってくださった方がいて、すごくすごく嬉しかったです。

 

 

それでも、そんな仕事でも、

身を置いている環境や自分の精神状態次第では

続けていけないと感じるものなのだと初めて知りました。

 

 

編集の仕事に未練がないわけではありません。

けれど「文章を書く」ことに関して言えば、

アイドルのインタビューや

発売前のCDのレビューにこだわらないのであれば

こうやってブログでも続けることができる。

今の私には、それがちょうどいいと思っています。

 

 

2月初旬から退社のことは決まっていたのに

なかなか社内の調整がきかず、

関係各位へのご連絡は直前となってしまいました。

 

その間、お会いした方々に退社のことを伝えられず

卒業が決まっているけれどまだ公にできないアイドルって

こんな気持ちなのかな…と考えていました。

 

 

前回の記事にも書いたように、

現在は転職に伴う引越しの準備でもバタバタしています。

新天地でもがんばれますように。

また「天職だ!!」と思える仕事に出会えますように。

◆引越し料金の一括見積もりサイトを利用して後悔したこと◆

※ 3/19に追記ました ※

 

 

私ピーター、約6年ぶりに引越しを決意しました!

 

引越しなんて久しぶりすぎて、

「いくらくらいかかるものだっけ?」と思い、

検索してみたのがことの始まりです。

 

 

※ あくまで私個人の感想ですので、引越しの時期や利用したサイト、

 業者によって良し悪しは本当に様々だと思います

(こういうサイトの利用に慣れている方からしたら、

 いやいやそんなもんだよ、それが普通だよとなる可能性大です)

 

 

 

引っ越し 料金

 

 

 

と検索すると、4番目くらいに

「引越し相場比較なら●●●●| 料金相場がひと目で分かる」

という文字が出てきます。

そこは価格比較で有名なサイトさん。

そうそう、それが知りたかったの〜と迷わずクリックしました。

 

 

サイトに移動して、見積もりに必要な情報を順番に入力していきます。

引越し日時が未定でも「●月上旬」のように

ざっくり設定することができますし、

「荷物の量」が未定でも見積もりはとれるようです。

 

もちろん、入力した方が正確な見積もりになりますが、

未確定な要素が多くても

見積もりが取れるというのは、気軽でよいなと思いました。

 

 

さて、必要な情報を入力しているうちに

「お見積もりご連絡先」

という項目にたどり着きました。

 

 

割とライトな気持ちで見積もりサイトを利用した私は、

電話番号の入力が必須であることに

ちょっとだけ躊躇しました。

 

フルネームとメールアドレスの入力が必須なのは分かる。

でも、電話番号も「必須」なのか…うーん。

見積もりって、どう考えてもメールでくる…よね?

口頭で「●●●●円です!」って言われても困るし…

 

なんて思いながらも、「必須」となっているので

電話番号も入力しないと見積もりがもらえません。

3分くらいは躊躇いましたが、

おとなしく電話番号を打ち込みました。

 

 

全ての情報を入力し終えると、

どの引越し業者に見積もりをもらうか選択できる画面に。

せっかくだからと思い、MAXの10社まで選択

「見積もりを依頼する」というボタンをクリック。

依頼のために必要な作業は終了しました。

 

 

お分かりかもしれませんが、

この記事のタイトルにある「後悔」は、

見積もりを依頼するのが面倒で〜という意味ではないのです。

 

 

 

後悔に至るのは、ここから。

 

 

 

登録したgmailアドレスを確認してみると、

早速3〜4社から自動返信メールがきていました。

 

「お問い合わせありがとうございます!

 見積もりは追ってお送りします」

というような内容でした。

 

 

そのなかで、大手引越し業者A社さんからは

「見積もり依頼を承りました。

 IDを発行したので、お電話の際はIDをおっしゃってください」

と、メールがきていました。

 

つまり「見積もりが欲しければ電話くれ」

ということでした。

 

そっか。サイトとメールだけでは

見積もりゲットできないのね…と感じましたが、その一方で、

本当に引っ越すかどうかもわからない人間のために

いちいち見積もりなんて出してらんないよな。

とも思ったのです。

 

 

でも、A社の見積もりがゲットできなくても

残り9社もありますからね! ぜんぜん大丈夫!

と思っていたあたりから、私のスマホに異変が…

 

 

 

液晶が ずっと 光ってる

 

 

 

電話が 絶えず 鳴ってる

 

 

 

「通話終了」という文字を確認して、

スマホを手にとると

すでに5件くらい着信がきていました。

 

0120から始まる番号もあれば、

03や080で始まる番号もありました。

共通しているのは、電話帳に未登録の番号であること。

 

 

 

こ、これはきっと、引越し業社…?

こんなにすぐ電話くるのね…?

 

 

 

かなりうろたえましたが、

もしかするとライターさんやレコード会社さんからの

電話かも…と思い、電話番号を検索していきました。

 

でも、0120や03の番号は

引越し業者の名前でヒットしましたが、

当然080の番号は検索してもなんの情報もなく…

 

届いたメールと照らし合わせながら確認しても、

080の番号を記載していたり

そのような番号から電話がいきますと

記載しているメールはありません。

 

 

 

むしろ、メールなしで電話だけの業者もある。

 

 

こ、これって普通なんでしょうか…?

だったら電話番号を入力させる時に

「担当者から電話がいきます」って明記するべきでは?

 

「電話番号の入力ミスが大変多いです」

なんて注釈はあったけど、

ひょっとして電話がくるのが嫌だから、

みなさんわざと間違ってる…!?

 

なんて思えるくらい電話が多い。

しかも、平日の日中だろうが夜帯だろうがガンガンくる。

 

 

仕事の電話と勘違いしたくなくて

消してしまった履歴もあるのですが、

見積もりを依頼して数日経った昨日の段階でこんな感じ。

 

 

f:id:kurauchi723:20190308162032j:plain

 

 

 

怖い…

 

 

ちなみに、メールの時点で相場はわかっていました。

税込・税抜の記載が違うだけで

示し合わせたかのように、全社同じ金額…!

(これはたまたまだと思います)

 

 

放っておけば、増える一方の着信。

残せる設定にしてあるのに、

誰一人として残さない留守電。

 

 

うーん。きちんと電話に出て、

1社ずつ応対すべきなのか?

でも、出たら最後な気もするし何よりめんどい…

 

だけど、もしも仕事関係の方からの着信だったら…?

重要な内容だったら?

メールではしづらいような相談だったら?

上の画像にもあるように

080からの着信もけっこう多いのです。

 

 

 

そこで、ついに昨日電話に出てみました。

20時頃にかかってきた、080の番号でした。

 

 

私は、ありったけの不信感を込めて

「もしもし…」と発しました。

レコード会社の方だったら申し訳ないな…とも思ったのですが、

そんなことはありませんでした。

 

 

「●●●●社の者ですー。ピーターさんですよね?

 引越しするんですよね?」

 

 

本当にこんな感じの口調でした。

よく言えばフレンドリー

悪く言えば「お前誰だよ」って感じ。

 

そこで私は、相場が知りたくて見積もりを依頼したけれど

具体的な引越し日程が決まっているわけではないと伝えました。

すると…

 

 

 

「そうなんですねー。えー困ったなあ」

 

 

 

え、私も困ってますけど???

 

 

 

そのあまりにもフレンドリーな口調に

ついていけなくなり、

「仕事中なので」と伝えて電話を切ろうしたら

「あ、じゃあまた後で電話ください」とのこと。

 

 

 

「いえ、引越しが確定したらご連絡するかもしれませんが、

 いろんな業社さんから頻繁に電話がきていて

 正直困っています。

 御社からも、080で始まって末尾の4桁だけが違う

 いろんな番号から何度も電話がきていて迷惑です」

 

 

と、伝えました。

実際に忙しかったのと私の沸点が低いのとで、

かなりストレートな物言いになってしまいました。

でも、電話先の彼は最後にこう言ったのです。

 

 

 

 

 

「え? 僕は今日初めてですよ?」

 

 

 

 

 

そういう問題じゃねええええええええええ!

 

 

 

 

 

その後、申し訳ない気持ちも多少ありましたが

全ての番号を拒否しました。す、すみません。

 

そして結局、大手のA社さんに

電話をかけることにしたのでした。

A社からは一切電話きてませんしね。

 

 

「メールだけだと見積もりくれいのかよお!」

なんて思ってすみませんでした!!

 

 

 

これから引越しを…という方がいらっしゃったら、

「一括見積もりサイトを利用するな!」とも

「絶対に注意しろ! 奴らは敵だ!!」とも言いませんが、

 

ガンガン電話がきてもオッケー☆という

方だけの利用をおすすめします…!

 

 

※ 追記(3/19) ※

この記事を書いた後に起きたことを追記するぜ!

 

無事に引越し業者も引越し日も決まったあと、

おそらく先週の前半だったと思うのですが

また引越し業者(と思われる0120の番号)から電話がきました。

 

何度も電話がくるのは面倒なのでさせるのは申し訳ないので、

「業者決まりました!」とバシッと言ったる!!!!と思い

電話に出てみた……のですが、

 

 

「その業者さんでのお引越し料金、おいくらですか?」

 

 

と、あっさり通話が終了することもなく質問されました。

口調的に慣れた対応なんだろうなーという感じ。

金額を伝えてみると…

 

 

「あっ、それならうちの方が安くできますよ!

 変更検討されませんか?」

 

 

それダメじゃない??

そんなこと言って良いの????

他社にそんなことされたら嫌でしょ?

人にされて嫌なことは人にしてはいけないと

習わなかったんでしょうか…!

 

そもそも具体的な荷物量も知らないで

なぜそんなことが断言できる…!?

 

「いえ、すでにお話進めてますから」と言った後も

なかなかしつこくて…

「出なきゃよかった」以外の感情を失いました。

 

 

そんなこんなで改めて…

 

 

引越し料金の一括見積りサイトは

ガンガン電話がきてもオッケー☆という

方だけの利用をおすすめします…!

◆会いたい人に会いに行ったこと 02◆

前回の続きで、

Twitterで知り合った銀座ホステス・Mさんに会いに行ったお話。

 

 

DMを送る前に、私とMさんの関係性を思い返してみる。

 

・私がMさんをフォローしてから約1年経過。現在は相互フォロー

・私がフォローした当初、Mさんのフォロワー数は2桁だったが

 現在ではフォロワー数4桁の尊きお方

・Mさんはツイートの頻度が少ないけれど、

 共感できる内容がとても多いので、私は9割くらいファボっている

・反対に、Mさんからもごく稀にファボをいただく

・2度ほど勇気を振り絞ってリプライをし、返信をもらったことがある

・反対に、私も1度くらいリプをもらったことがある。

 もちろん即レス&即ファボで対応

 

リプもファボもいただいたことがあるので、

おそらくMさんは、私の存在を認識している(と信じたい)。

しかし、決して親しいとは言えない。完全に私の片想いである。

気持ちが先走って気持ち悪い文面にならないよう、

私がもつ「気遣いの精神」をフル稼働させた。

 

 

今思い返してみると

ファーストコンタクトとなるDMの文面を考えるのが

一番大変だったように思う。

 

 

不信感を与えないようにと丁寧に書くと、

どうしても文面が長くなってしまうし

簡潔に書こうとすると、言葉足らずになってしまう。

 

「信頼感のあるシンプルな文面」って

めちゃめちゃ難易度高いやんけ…

でも、ここでくじけている場合ではない。

 

 

Mさんはそれほどまめに

Twitterを見ている方ではない=忙しい人だと思ったので、

細々とDMを続けるよりは

最初からこちらの用件を明確に伝えるべきだ!と

無理やり自分を納得させた結果、

下記のような文面になりました。

 

f:id:kurauchi723:20190107132401j:plain

 

 

 

長え!!!!!!!!

 

 

 

長いのに、画面に収まってない…!!!!!

言葉は丁寧だけど、それがなんだか気持ち悪い…

久しぶりにこのDM見てみましたが、

我ながら恐怖を感じる。

 

 

ぼかしたところには、

 

・都内で編集者をやっているピーター(女)という者であること

・Mさんのツイートが好きで、共感できて、勉強になっていること

・そんな気持ちから、Mさんに会ってみたい

 =お店に飲みにいってみたくなったこと

 

を、極力丁寧かつシンプルにまとめました。

(シンプルとは…?)

 

 

DMの文面を考え始めてから数日が経ち、

推敲に推敲を重ねてなんとか完成。

Mさんのお仕事中と思われる20時頃にDMを送信し、

「お返事は強要しません!」なんて書きながらも

めちゃめちゃドキドキしながら返信を待つ私がいました。

 

 

 

Mさんからアクションがあったのは翌朝早朝のこと。

そう。

アクションがあったということは、

Mさんからお返事をいただけたということなのです!

 

 

 

またまた続きます。

◆新幹線にスマホを忘れたこと 02◆

年末にスマホを失くした話の続きです。

 

地元・福井にたどり着いた私は、

iPhoneを探す」によって

失くしたスマホが大阪にあることを知り、

余裕綽々で蕎麦をすすっていました。

 

その時にふと、問い合わせをした

東海道新幹線のテレフォンセンターに

「私の携帯、大阪にある新幹線の車両基地にあるみたいです」と

伝えるべきかなと考えました。その方がスムーズかなと。

 

そこで、もう一度所在地を確認しようと

姉の携帯で「iPhoneを探す」を使ってみたところ…

私のスマホが「オフライン」になっていました。

 

「オフライン」だとこんな画面になります。

f:id:kurauchi723:20190104144323j:plain

 

 

つまり、

 

 

最新の所在地が分からなく(追えなく)

なってしまったのです。

 

 

その時の画面では、

「最新の所在地ではありません(20:01現在)」のように

出ていた気がします。

 

 

少し前まではオンラインだったのに…!!!?!?

 

 

ということは、誰かが故意に電源を切ったか

電波の届かない所に持って行かれてしまったか

充電が尽きたのか…

(新幹線を降りる直前まで充電していたんですけどね)

 

 

 

どうしようめっちゃ不安。

 

 

 

いろいろと考えましたが、とりあえず、

数分前までは大阪にあったことは確かなので

やはりテレフォンセンターへその旨を伝えることにしました。

 

 

しかし、 担当者からは

「こちらから車両基地へ連絡する術がないので…」

という反応しかありませんでした。ぐぬぬ

 

なんだか悔しかったので、

車両基地の電話番号を探したり(見つかりませんでした…)、

運営している企業に電話をしました(繋がりませんでした…)が、

どちらも無意味に終わりました。

 

ちなみに、JR西日本のHPには

GPSで携帯電話の所在が特定されても、場合によりすぐに対応できないこともございます。

と、しっかり書いてあります。冷静に考えればそりゃそうだ。

 

 

こうなると、テレフォンセンターから

「見つかりました!」という連絡がくるのを待つか

自らテレフォンセンターに電話をして

最新の情報で忘れ物が届いていないか照会してもらうしかありません…

 

 

が、私はもう一つ、自分でできることに気付きました。

※ 私は「iPhoneを探す」を使ったことがなかったので

 ひらめいた気になっただけですが…

 

 

iPhoneを探す」で「紛失モード」をオンにすることです。

 

 

これは、iOSバイスをロックするだけでなく

画面に任意のメッセージを表示させることのできるモードです。

また、拾った人が、すぐにそのことを知らせられるように、

こちらで指定した電話番号のみ

ロックの解除なしでも(=本人でなくても)

電話をかけられるように設定できるのです。

 

 

さっそく私は、

「持ち主の××××です。拾ってくださった方は、お手数ですが

 ××××××@gmail.comまでご連絡いただけますと幸いです」と

メッセージを入力。

 

連絡先の電話番号は姉のものにしたかったのですが、

ヤバイ人に拾われてたら怖いということで、

電話番号は入力しませんでした。

一通り打ち終え、登録しようとしたところ…

 

 

紛失したスマホがオフラインのため

「紛失モード」に設定できません

 

 

と、通知がきました\(^o^)/まじかよ!

次にオンラインになったら

紛失モードにするよ〜ってことのようです。まじかよ…

 

 

なので、私はやっぱり

「見つかりました!」の電話がくるのを待つ or

自分から電話をして「見つかってませんか?」と問い合わせる

ことしかできないのでした…。

 

 

そこから私は、12月30日(月)の夜から

携帯が手元に戻る1月2日(水)の昼まで、

年越し気分も正月気分もほとんど味わえず

スマホ…買ったばっかりなのに……どうしよ…出費…イタイ…」と

不安で不安で震えていました。

 

 

私は、担当者と電話した際に、

下記のように聞いていました。

 

「新幹線の車輌内は、営業を終えた深夜か

 営業が始まる前の早朝に、より丁寧に清掃します。

 そのタイミングで忘れ物が見つかることも多く、

 清掃時に見つかった忘れ物は

 昼過ぎには情報が登録されて、照会できるようになります」

 

 

そして訪れた翌日の昼ごろ、

姉の携帯宛に「まだ見つかっていません」というメールが届いていました。

そのメールには

「見つかった時には電話します」とも書かれていて、

当然ながら電話はきていませんでした。

 

しかし、古いスマホgmailを確認していたところ、

「紛失モードが有効になりました」というメールが届いていて。

なんで今のタイミング????と、余計に混乱したり…。

 

 

さらに翌日、大晦日にも何度か

テレフォンセンターに電話をしてみましたが

一度もつながりませんでした。

 

 

日付が変わり、年も明けた1月1日の夜。

2日には福井を発つ予定だったため、

それ以降は姉と行動を共にしないことになります。

そうなる前に、携帯を取り戻したい…

手元に戻らないまでも、せめて所在地だけは把握したい…

 

そう思い、元日からテレフォンセンターに電話してみました。

晦日がつながらなかったし、

元日も無理かな…と思っていたんですが…つながりました!

 

スマホの特徴を伝えつつ、

「届いていませんか…?」と諦めも混ざった声で尋ねてみたところ…

 

 

「似た特徴のものが新大阪駅に届いていますよ」

 

 

と!!!!!

まじか!!!!!!!!

わあああああああーーーー!!!!!!!!!(歓喜

 

 

担当者からは、

新大阪駅の忘れ物承り所から連絡させますね。

 ただ、忘れ物の数が大変多く、

 明日には連絡できるかもしれません…」

とのことだったので、

 

 

 

直接新大阪駅まで取りに行きました。

 

 

 

完全なる見切り発車…^^

しかし、新大阪駅へ到着するまでの間に

電話はかかってこなかったので、

結果オーライだったかもしれません。

 

※ 自宅から福井駅まで車で約40分、

 福井駅から大阪駅サンダーバードという特急列車で約2時間かかります…

 

何かあった時に連絡手段がないのは怖かったので、

姉にも新大阪駅まで同行してもらいました。

 

 

そして、2019年1月2日(水)正午頃、

新大阪駅の忘れ物承り所に到着。

初めて訪れた場所だったんですが、

めちゃくちゃ狭くてびっくり。

 

忘れ物を保管しているスペースは広いのかもしれませんが、

2名の職員のみで対応をしていたので

とてもじゃないけど電話をかけたり受けたりなんてできないだろ

という感じでした。

 

 

それと、タイミングの問題かもしれませんが、

英語を含む外国語を話せる職員がおらず、

外国の方からの問い合わせには

すごくすごく苦労しておられました……

 

 

そんなこんなで私の番がきて、

スマホの詳細を伝えたら…

「黒い手帳型のiPhoneケースですね?」と担当者から告げられ 

奥から戻ってきた職員に差し出されたのは

まさしく私のスマホでした!!!!!!

 

 

「電源を入れて、ロックを解除していただけますか?」

 

 

と、職員から言われたので

「失くしたの数日前ですし、充電切れていると思います…

iPhoneを探すでオフラインになってたし…)」

と伝えたところ、

 

 

取得した時点で携帯は電源を切ることになっているので、

 充電残っている可能性が高いですよ」

 

 

と。なるほどなるほど。

完全放電していたら、

いちいち充電してから本人確認になりますもんね…

 

 

 

iPhoneを探す」の意味ナシ

 

 

 

スマホも起動し、ロックも解除でき、

無事にスマホが手元に戻ってきましたー!!!!!

本体もケースも、傷などは一切ありませんでした。

 

あと、姉に同行してもらう必要も

全くありませんでした。

 

 

 

余談ですが…

私はタクシーのなかでも

携帯を忘れたことがあります…忘れん坊将軍^^

 

その時は、iPhone4Sの時代だったので(ということでもないけど)

ロックをかけておらず、

拾ってくださった運転手さんが

着信履歴の一番上にあった人(この時は一緒にいた友人)に

電話をかけてくださり、私の手元に戻ってきました。

 

それとは反対に、仕事で関わりのある方の携帯へ電話をしたところ

「タクシーの運転手なんですが…」と

言われたこともありました。

 

その時は運転手さんの連絡先を教えてもらい、

持ち主の方の会社に電話をして

持ち主の方と運転手さんをつなぐことができました。

 

そう思うと、タクシーで携帯を落とした場合は

一度誰か(できれば身近な人)の携帯電話から

自分の携帯へ電話をかけてみると良いかもしれません!

◆新幹線にスマホを忘れたこと 01◆

明けました! 今年もブログの更新、楽しくがんばります。

 

 

さて、新年早々残念なタイトルの記事ですが…

あ…ありのまま 12/30〜1/2に 起こった事を話すぜ!

 

 

f:id:kurauchi723:20190104185643j:plain

 

 

忘れもしない2018年12月30日(日)16時33分。

私は、地元・福井に帰省すべく

姉とともに東京駅から新幹線に乗っていました。

 

ちなみに、北陸新幹線はまだ福井駅まで開通していないため、

東海道新幹線滋賀県にある米原駅まで行き、

しらさぎ」という特急列車に乗り換えて福井に向かいます。

 

※ 気になってWikipediaなど見てみたんですが、

 北陸新幹線福井駅開通って、工事着工が2031年度予定、

 開業は2046年度予定なんですね…!

 

 

米原駅での乗り換えは10分ほどしか時間がない上に、

自改札機の数が少なくて地獄絵図のようになるので

いつもバタバタします。

 

今回も例に漏れずバタバタしました。

 

バタバタした結果、

 

 

 

スマホを新幹線に忘れました。

 

 

 

ヤッチマッタ\(^o^)/

 

 

 

気付いたのは意外と早くて、

しらさぎに乗る前のホームで並んでいる時。

 

姉に「あれ…携帯忘れてきたかも…」と話しかけつつ、

カバンやコートのポケットを探りながら

「あー。前の座席のポケットに入れてたやんな?

 色が同化してて忘れそうやなって思ってたわ」とか

「あ〜それ私も思ったわ〜(笑)」なんて話しつつ、

しらさぎに乗り込み、座席に座ってもう一度落ち着いて携帯を探して

しらさぎが出発してしまった頃に

「 マ ジ で な い 」となりました。

 

 

私たちが乗っていた「ひかり521号」が

米原駅に着いたのが18時44分頃で、

しらさぎ」が米原駅を出たのが18時56分頃。

 

すぐに気付いたし、新幹線は指定席だったため

乗っていた車両の号車や座席番号も分かるし、

どこに置いていたかもはっきりと覚えている。

 

そして、調べてみたら、

どうやらその「ひかり521号」は新大阪駅止まりだったため

米原からその座席に誰かが座る可能性は低い…!

 

 

ということで、私は悠長に構えていました。

見つからないわけがない、と。

 

 

姉はちゃんとスマホを持っていましたし、

私は2018年の10月に機種変をしたばかりで

動画でも観る用に〜なんて思い、

Wi-Fi環境がないと使えませんが「古いスマホ」も持っていました。

おかげで、よけいに安心感があったのだと思います。

 

 

まずは姉の携帯で、「東海道新幹線 忘れ物」と検索し

東海道新幹線の「お忘れ物に関するご案内」にたどり着きました。

そして、そこに書かれている「テレフォンセンター」へ電話…

 

 

しかし!!!!!

 

 

年末だからなのか、なかなか繋がりません…

何度かくじけましたが、辛抱強くかけ続け、

担当者と話すことができました。

 

 

電話はかなり繋がりにくいですが、

担当者の方はとても丁寧なので

繋がった後は、聞かれた内容に受け答えしていけば

なんの問題もないと思います。

 

その電話では、

忘れたものの詳細(私の場合、電話番号や機種、キャリア、見た目など)や

連絡先(私の場合は姉の名前と電話番号)を伝えたのですが…

山道で圏外になり、20分ほど通話が遮断される…なんてこともありました。

 

担当者から「忘れ物の登録をしました」と言われましたが、

通話が途切れてしまったこともありちょっと不安だったので

お忘れ物お問い合わせフォーム」にも登録しました。

これまた圏外に阻まれましたが、なんとか登録を完了できました。

 

 

気付けば福井駅に到着する20時までもう少し。

そんな時、私は、

 

 

iPhoneを探す」の存在を思い出したのです。

 

 

機種変した時に、確か登録していたなと。

そこで早速、姉の携帯を使って「iPhoneを探す」を実行。

アップルIDがないと探せないので、

スマホ以外にもメモをしておくか

覚えやすいメアド・パスワードにしておくべきです…!

 

 

 

すると…

 

 

 

私のiPhone、見つかりました。

 

 

 

地図が現れて「ここにありますよ」と教えてくれるんですが、

航空写真に切り替えることもできるので

どんな場所にあるか分かりやすいです。

 

そうやって探してみた結果、私のスマホは、

大阪にある新幹線の車両基地にあるようでした!

わーい! よかった! 安全そう!!!

 

そこまで見つかったところで「しらさぎ」を降り、

母親と合流し、家族そろって食事をするべく

車で移動を開始しました。

 

 

 

ここまで分かったら、安心しますよね?

悠長に構えますよね?????

 

 

 

私自身もすっかり安心していたんですが、

このあとそれを打ち砕く出来事が起きます……

 

 

長くなってきたので、続きは次の記事で!

◆会いたい人に会いに行ったこと 01◆

f:id:kurauchi723:20181213200021j:plain数年前にiPhone4sで撮影した夜のザギン

 

突然のヘンテコリンな記事タイトル、失礼します。

 

この記事の内容を端的に表すタイトルをあれこれ考えてみたところ

「素敵ツイート満載のツイッタラーに会いに行ったよ☆」とか

「出会い厨してみた☆」くらいしか浮かばず…

 

ほんのり犯罪臭のする記事タイトルではありますが、

今回は、私がSNS上で知り合った方に会いに行ったお話

 

 

SNS利用者なら少なからず経験があると思うのですが、

共感できるツイートをたくさんしている人や

素敵な写真をいっぱいあげている人を見つけたら、

フォローをしたり、その方の投稿をチェックしたりしますよね。

 

 

私にもそういう存在が何人かいます。

その中にはキャバクラで働く、

いわゆるキャバ嬢さんもいます。

 

彼女たちのお仕事にまつわるツイートに

笑ったり共感したり元気をもらったり、

可愛くて華やかな写真の数々にいいね!したりしています。

 

その中の一人に、

新宿・歌舞伎町のキャバクラに勤めている

Aさんという方がいました。

 

私は彼女のお顔が大大大大大好きで、

愚痴や誰かをディスるような

ネガティブなツイートをしない性格も好きで、

いつか彼女のお店に足を運んでみたいと思っていました。

 

 

 

ちなみに、私はぴーたーと名乗っていますが女です。

彼女のTwitterを見ていると、

稀に「女の子が遊びに来てくれたよ〜♡」と書かれていたので

どうやら女性でもキャバクラには行けるようです。

 

 

 

ところが!!!!!

 

 

 

ある時を境にAさんのツイートは減り、

たまーに更新されるインスタグラムでは

海外旅行の写真ばかり…

 

お仕事中と思われるドレス姿の写真や

「しゅわしゅわおいち♡」みたいなツイートは

全く見かけなくなりました。

 

 

何かあったのかな…病気療養中とか…?

なんて、勝手な心配もしていたのですが、

実はそうではありませんでした。

 

 

単純に、彼女はキャバクラを辞めていたのです。

 

 

彼女がそのことをSNSで報告したのは

辞めてから半年ほど経ってからのことで、

卒業イベント的なことも特にやらず

今後キャバ嬢をやる予定もないと書かれていました。

 

見かけたら声かけてくださいね〜☆

なんて書かれていたけど、

そんなチャンスなんてないだろうよ、Aさん。

 

 

そう。

新宿にさえ行けばいつでも会えると思っていた彼女は、

突然消えてしまったのです。

 

いつまでもそのお店で働き続ける保証なんてなかったはずなのに、

私は悠長に構えてしまっていました。

 

「いつでも会える」を逃した結果、

二度と会えなくなってしまいました。

 

 

アイドルのように卒業宣言もなく、

バンドのように解散ライヴもなく、

彼女は突然、一般の人になってしまいました。

一般の人になってしまった彼女は、

キャバ嬢としてやっていた

Twitterやインスタグラムも辞めてしまいました。

 

 

 

ずーん。

 

 

 

いろんな方がいろんな所で言っていることですが、

「いつでも会える」なんて保証は、どこにもないのです。

失ってから気付いても遅いし、

今さら後悔したって遅いのです。

 

 

 

 

そこで私は、あることをひらめきました。

 

 

 

 

他の方たちも、

いつお店を辞めてしまうかも、

SNSを辞めてしまうかもわからない。

 

 

そうなる前に、

 

 

後悔する前に、

 

 

そうだ!

会いに行こう!!!!!!

 

 

 

 

 

ということで、

顔は非公開だけどツイートの内容が大好きで、

「強く仕事のできる凛とした女性」的なイメージがあり

ちょっとした憧れも抱いていたMさんという女性に

会いにいくことを決めました。

 

 

Mさんは、銀座のクラブにお勤めのホステスさん。

前述のAさんとは異なり、

勤め先であるお店の名前や

お店で働いている時のお名前を

Twitter上で明かしていない方です。

 

なので、彼女がTwitterを辞めてしまったら

絶対に会えなくなる!!!!!!と、

気持ちが急いたのを覚えています。

 

 

まず私は、

お会いしてみたいです!!という気持ちをしたためた

DMを送ってみることにしました。

 

 

気持ち悪がらせちゃいけないし、恐怖心を与えたくもない。

もしかしたら私を男だと思うかもしれないし、

何よりも、ネット上で知り合った人に

リアルで会いたくないという人も絶対多いし

お仕事の邪魔だってしたくない…

 

などと考えて、

「なるべくシンプルだけど不信感を与えない文面」を

脳みそフル回転で考えまくりました。

(その時点で割と気持ち悪い)

 

 

続きます。

◆タガタメ06/ユニットを強くするということ②◆

しばらくブログでは書いていなかったのですが、

日々の生活の中で、仕事と睡眠の次に時間を費やしているのは

相変わらず、間違いなくタガタメです。

 

ということで、4ヵ月ぶりにもかかわらず前回の続きです。

 

タガタメでユニットを強くする方法!

裏技的なお話は出てきません&ピーターの独断と偏見です。

f:id:kurauchi723:20180806194752j:plain

 

③「JobLv(ジョブレベル)」を上げる

タガタメのユニットには「ジョブ」があり、

ほとんどのユニットが3つのジョブを持っています。

アンクの場合、初期ジョブ(第1ジョブ)は「蒼水銃槍師」。

 

ジョブにもレベルがあり、全ジョブ共通でMAXはLv 11です。

ユニットのレベルが11未満だと、

ジョブのレベルも制限されてしまいます。

例えばアンクがLv 5だったら、

ジョブ「蒼水銃槍師」のレベルも5までしか上がらないので要注意!

 

 

 さて、肝心のジョブレベルの上げ方ですが、

レベルごとに6つの「装備品」を入手 or 合成し、

全て装備できれば1Lv Upとなります!

その作業をLv 11になるまで繰り返します。

 

現状そろっている装備品でまかなえる分だけ

アンクのジョブレベルを上げてみます!

 

f:id:kurauchi723:20180810165017j:plain

アンクをLv 60にしたので、

画面右側にある「JovLv UP」が選択できるようになっています!

「JovLv UP」の隣にある「一括Lv Up」を選択すると…

f:id:kurauchi723:20180810165747j:plain

こんな画面が出まてきす。使用アイテムの確認画面。

1だったジョブレベルが3まであげられるようです。

「OK」を押すと…

f:id:kurauchi723:20180810165907j:plain

アンクのジョブ「蒼水銃槍師」のレベルが3になりました!

レベル4になるために必要な6つの「装備品」のうち、

3つは素材がなく、2つは合成する必要があり、

1つは装備できる状態のようです。

 

「装備品」の多くはノーマルクエストで入手できますが、

一部の特殊なジョブ(例えばジンの「宿業の闇影」など)は

期間限定のクエストでしか入手できないので

その点にも注意すべきかもしれません。

 (今はAPが足りないのでクエストを周回できず、

 これ以上は、すぐにはジョブレベルを上げられません…)

 

 

番外編「ジョブをエンチャントする」

今年に入ってから「エンチャントジョブ」というものが追加されました。

既存のジョブに能力を付加し、さらに強化するというシステムで

少しずつエンチャント可能なジョブが増えています。

 

例えばアンクだと、

第3ジョブにあたる「ダークナイト」が

ダークナイトファウスト】」へエンチャントすることができます。

f:id:kurauchi723:20180810171126p:plain

f:id:kurauchi723:20180810171257p:plain

 

ただ、上記の画像にも書かれていますが、

エンチャントするには条件があります。下記の二つ!

 

その1:ユニットを15回以上限界突破する(=Lv75以上にする)

その2:元になるジョブのJov Lvを11以上にする

 

この二つを満たせばエンチャントジョブが選択できるようになり

さらに「証」(アンクの場合は「ダークナイトファウスト】の証」)を

6つ揃えれば、晴れてエンチャント可能となります!

「証」はクエストでドロップしますし、

エンチャントコインを使って交換することもできます。

 

 

さてさて、ジョブをエンチャントしていてもいなくても、

装備品を揃えてJov Lvを上げていけば

いずれはJov LvがMAXの11になります。

アンクはしばらくMAXにできそうにないので、

代わりにザインの画面で!

 

f:id:kurauchi723:20181210212117j:plain

ザインのジョブ「ホーリーナイト【ギア】」は

画像の中央下部に書かれている通り

「Job Lv 11/11」となっています。つまりMAX!

 

 

しかし!!!!!

 

 

ご注目いただきたいのが、

画像右側にある装備品のスペース。

Job Lvを上げるために装備品を6つ揃えると書いたのに、

MAXになった状態でも装備できるようになっているのです。

その証拠に「装備」や「合成」と表示されています。

 

実は、Job LvがMAXになったあとに

もう一度6つの装備品を揃えると

JobをMASTERすることができます!!

 

 

実際にLv11の状態で装備品をさらに装備させると…

 

 

f:id:kurauchi723:20181210213117j:plain

JOB MASTER!

 

おめでとう! ありがとう!!!!

しかも、MASTERになった時の

各ステータスの上がり方、なかなかすごいのです。

ぜひ、MASTERになる前の画像と見比べていただきたい!

 

MASTERになると、

Jobの証の下に「MASTER」と書かれるようになります。

そして、これ以上は装備することはできません!

f:id:kurauchi723:20181210213410j:plain

 

 

④「JobLv」がMASTERになったら「装備品」のレベルを上げる

MASTERになったら、実はもう一つやるべきことがあって。

それが、「装備品」のレベルを上げるということ。

 

装備品のLvはJob Lvが1だろうが5だろうが11だろうが

上げられるのですが、

どう考えてもMASTERになってから上げるべき!

 

やり方は、まずゲームのトップ画面から「装備品強化」をタップ。

そうするとキャラクターのセレクト画面が現れます。

今回は、先ほどMASTERにしたザイン(ホーリーナイト【ギア】)の

装備品を強化させてみましょう!

 

f:id:kurauchi723:20181210215034p:plain

 

ザインを選ぶとこんな風に表示されます。

やや見づらいかもしれませんが、

Jobは「ホーリーナイト【ギア】」が選ばれています。

 

そこから装備品を一つずつ選んでMAXまで強化…

という作業を6つ分繰り返していきます。

 

f:id:kurauchi723:20181210215017p:plain

 

まずは左上にある装備品(鎧みたいなもの)を選び、

強化ポイントのMAX750になるまで強化素材を選択して

「強化」を選びます。

f:id:kurauchi723:20181210214725p:plain

MAXまで強化された装備品は、

それ以上強化できなくなります!

この作業を6つ分繰り返すと…

 

f:id:kurauchi723:20181210214741p:plain

装備品を全てMAXまで強化できました!!

装備品強化前と各ステータスを比較してみましょう。

 

【Before】

f:id:kurauchi723:20181210213410j:plain

【After】

f:id:kurauchi723:20181210214938p:plain

「HP」から「運」までは全て上がりました!!

強化成功!!!!!!

ということで、装備品の強化も大切なのです。

 

 

びっくりするくらい記事が長くなってしまいましたが、

実はまだユニットを強くするためにできることは

4項目くらいあります!

 

⑤「武具」を装備する

⑥「心理念装」を装備する

⑦ 全てのジョブの「JobLv」をMASTERにする

⑧「真理開眼」をする

 

 

や、やばいぞ…

「強化の仕方を説明するゾー」と思って実行した結果、

「果てしないな…おい…むり……」という印象を

持たせてしまっているのではないだろうか…!?

 

 

本当にまだまだ強化の手段はありますので、

続きは次の機会に!